« 二枚追加。 | Main | エマ 三部作 »

2004.08.28

東欧ビール紀行

旅の目的の一つは「ビールの王冠あつめ」。旅にでたらその土地のビールをのみまくる。
飲んだら瓶からラベルをはがし丁寧に保管、もちろんキャップも集める。これはノルマとして私の中にあって、そんなこんなで旅行中は「忙しい」。

これは過去の東欧旅行で集めたビールのキャップです。
easternE_beerc.jpg

クロアチア1  | ブルガリア1  |  ブルガリア5
リュブリャナ | ブルガリア2  |  ハンガリー
クロアチア2  | ブルガリア3  |  ルーマニア
クロアチア3  | ブルガリア4

○クロアチア編
ozujsko というのが個人的には一番好きで、独特の苦味があります。
リュブリャナのLasko Pivoはクロアチアでもよく飲まれていて、牡鹿(だと思う)イラストや、缶のデザインが秀逸!(Webサイト http://www.lasko.at/)

ドゥブロブニクの泊まった場所のテラスからの眺めがよかったので、そこでやたらozujskoを飲んだ。部屋を貸してもらった※老夫婦に「ビールが好きか!そうかそうか!乾杯だ!」ってなかんじに。最後にばあちゃんに「瓶をくれ金になる」といわれたので全部あげた。壱日壱善。
※クロアチアの宿はほとんど部屋貸し。ザグレブはホテルがあるけど高い。

○ブルガリア編
真冬だったため結構ビールは頑張って飲んだ、という記憶。ただ、種類が豊富で「義務感」にかられてしまったのでこれだけ集まった。
kamenitzaは黒もあって、よく売られていた。ASTIKAが一番高級だったような印象。高かった。
夜は暖房切れて寝袋+毛布でも寒く、クリスマスで中華料理屋しかあいてないし、コソボ駐留休暇中の米兵に遊ぼうと言われるし、雪にまみれてカンペールを駄目にしたし、なんだかなー@ソフィア。

※モスクワ発ソフィア行きのアエロフロートで赤い旗にお顔がかいてあるバッジをつけた無骨な初老男性をみかけた。「おおー」と私は凝視していたのだが、搭乗待ちの間に無邪気なアメリカン(確認済)が「そのバッジなんだい!かっこいいぜ!」と本人にぶちかましていた。一人腹の中で爆笑。

○ハンガリー
これはハンガリーで飲んだけど、実はハンガリーのビールじゃないんだよね。失礼。

○ルーマニア
そのときのルーマニアはブカレストを除き本当に寒く、ビールなんて気分じゃなく「ラキア」という果実酒中心。でもURSUSは熊のラベルがかわいくて無理やり一本飲んだ。
ブカレストはなんだかわからない無気味さもあり。とはいえ人はちょっと話をすると人なつこい笑顔で、家庭でつくるワイン(彼等は持ち歩いている)をくれたりした。

※ビールを買った店でコンドームをみつけた。パッケージの絵が(女に迫る男メロドラマ風描写)でおもしろおかしくて、発作的に買い求めたかったのだが、ほとんど金がなかったので諦めた。かえすがえすも惜しいことをした。

|

« 二枚追加。 | Main | エマ 三部作 »

Comments

ここで書いたASTIKAもkamenitzaも、あのベルギービール・ヒューガルデンやベルビューを基盤に世界のビール覇者?!のインターブリュー改めInbev社の傘下にあるということを知りました。
http://www.inbev.com/

Posted by: 本人です。 | 2004.09.25 at 01:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 二枚追加。 | Main | エマ 三部作 »