« 旅話を旅友と。 | Main | またカレー(今度はカボチャ) »

2004.09.26

海外で仕事をする人

以前から読ませていただいている「アジア海外駐在員便利帳」。
感想としては賛否両論ありますが、本音、職場の仕事現場の生々しい話がでているので、職場にバレへんのかな?と思いつつたまに読む。

なんで私がこれを時折読んでいるかと言うと、私も以前、東南アジア圏で働きたいっ、と思っていたからで(わはは)。 ただ自分の職や資質、志向を考えると日本で働くのがいいという結論に達し、現在に至っている。
http://blog.ab-life.net/archives/20040923_1525.html#more

知人で大学出た後日本で就職せず東南アジアの某都市に住み着いた人がいた。そういう人の中で3、4年経つと焦りに襲われて帰国したりしてきた。
彼等が何に焦っていたかというと「自分には日本での職業経験がない」「ちゃんとした職歴がない」ということだったと、今になって理解できるようになってきた。
当時の私にはよく分からなかった。なんせ自分が憧れていたから。自分が日本の狭い中で経験できてないことを、やつらはいっぱい経験してるんだろーなーという羨望もあった。
でも彼等は、現地採用された者として自分の立場の不安定さ等をことあるごとに痛感されられていたんだろう(そういう気にさせられてしまうのもどうかと思うけど)。
その地に永住する気はないのでどこかで日本に帰りたいと思っていたが、自分は日本ではどこにも就職できないかも、でも帰りたい、というようなことで悩んでいたんだとおもう。
受け入れない日本の度量も狭さも若者の行動を硬直化させる一因だと私は思ってはいるが、そうやって悩んでた人もいた。

ここ1年の間にまた知人が、数年の間海外に出て広い視野を身につけたいと東南アジア圏に出ていった。日系企業の現地採用の仕事が見つかり働きはじめたらしいが、最近になってちょっと弱気になっていたのか
「実は日本にいるより多くのものを犠牲にしていると思うこともある」
などというコメントを発していたのには、気になっている。大丈夫か。

私には日系企業の現地採用という立場がどういうものかは、全く想像つかないし分からない。

  ※ところで、例として海外企業の日本現地法人が日本在住の同国人を雇うっていう場合はどうなんだろう、やっぱりこういう問題あるのだろうか??  日本企業特有の問題なのだろうか???※

自分のいた地位や収入も全部リセットして日本を脱出、挑戦する気概には尊敬に値するのも事実だし、人生は人それぞれのもんだってのも事実だ。
でも悩んだ人たちの話を思い出し、このダンディ氏の投稿をよんで非常に複雑な思いがした。

うーんと若いときはともかく、ある程度仕事経験積んで後の脱出は、得られないものを得るとかそういう漠然とした夢や希望ではなく、自分で事業起こすぐらいの目的意識がないと結局元の木阿弥、日本社会メカニズムに入ってしまうだけなのだろう。

|

« 旅話を旅友と。 | Main | またカレー(今度はカボチャ) »

Comments

なるほどねー!!
私が思うに、、、日本みたいな物価の高い国の国内採用と、東南アジアでの「現地採用」とでは、その待遇なんて雲泥の差だろうし、そういう採用の枠組みがしんどいんじゃないかなーっと。

私の友人は某日本大手運輸会社の上海支社に現地採用されたけれど、現地採用の中国人と、日本本社からの駐在員との間に板ばさみになって、結局やめてしまいました。今は独立起業してる。

何かをするにはほかの何かをすることに制約が出るのは当然だろうし、それを「犠牲」と捉えるくらいなら、そんなのしないほうがいいと思う。私の周囲の輩たちは、そうした犠牲の上に今の自分があると割り切って生活してまっせ。

それに、リセットって考え方とはまた違う気がするなあ。
リセットよりは、自分が今までしてきたことを、もっと伸ばすための日本脱出というか。何をするにしても、あくまでも延長線上にあるような感じ。
リセットってのだと、サラリーマン定年退職後の○本語教師くらいなもんじゃないすかね。(口が悪くてごめんなさい)

Posted by: ごん | 2004.09.26 at 22:18

TBありがとうございます。アジア海外駐在員便利帳のダンディーです。本件、なかなか難しい問題と感じています。

>「実は日本にいるより多くのものを犠牲にしていると思うこともある」

の部分なんて、ああ。っと胸が痛くなります。でも私の住んでいるのはシンガポール。まだ、いいのかもしれません。下記のような記事もありました。こちらもご参考にどうぞ。

http://www.asahi.com/job/special/TKY200407220347.html

Posted by: ダンディー | 2004.09.26 at 22:44

便利帳のダンディーさん、どうもコメントいただき恐れ入ります。難しい問題を、しかも部外者の私(海外で働いたことないヤツ)がこんなこと書くなんてさ、おこがましいよなあ・・・と内心反省です。

AERA、興味深く読みました。確かに、海外へ出てしごとを得る感覚はかなり異なってきているのかもしれません。
日本国内の働き口が減って若い人の失職率も高いとなると、働けるところが日本の外にあっても日本語で通用するのであれば。たまたま仕事があったから北海道へ引っ越す、というよりも大連へ引っ越すほうが「何か掴めるかも」という気持ちを高めて応募者は来そうではあります。(私がもしその仕事をしたかったら、大連を選ぶと思う)

でも現地採用の人って、以前のイメージではその土地が好きだからという人が多かったように思うのですが、知り合いの話を聞いていても最近は流動的なのかなと感じました。日本からいきなり現地採用に応募というパターンは驚きであります。

Posted by: 本人です。 | 2004.09.26 at 23:30

このlogもAERAもアジア海外駐在員便利帳も興味深く読ませて頂きました。
なるほどぉ~と思いますが、現地採用は所詮現地採用な訳でいつかぶつかる壁があるのでしょうが、現地採用でも「海外で働きたい」との理由として「海外に行けば何か得られそう」と思っているのではないか、と察しています。現地生活レベルに対応していける賃金水準とはいえ、日本に帰ってこようと思ったらとても貯金何もあったもんじゃない、と思うのですが・・・。
で、実際海外に暮らす者としては「海外に行けば何か得られそう」症候群の人は多いのではないかな?と思うのは「この人一体何をしてるんだろう?」「何が目的なの?」と思う時です。本当は得たい何かは自分の中にあって、それを得るには自分が取り組んで行くしかない。ところが海外に来ると誰かがそれをポンと提供してくれる、のではないかという幻想に駆られてしまう。ここまで言うと大袈裟ですが。
百人百様ですので何とも言えませんが見極めてよい人生が送れればいいのだと思いますというのは自己警鐘でもあったりもします(笑)。

Posted by: とよみ | 2004.09.27 at 21:27

とよみさん  こんちは。

>「海外に行けば何か得られそう」
> 海外に来ると誰かがそれをポンと提供してくれる、のではないかという幻想に駆られてしまう。

という洞察にうなずいてしまいました。
そ、「何か得られそう?」っていう幻想!。私が大連選ぶかも、っていったのもその幻想が染み付いてるからの吐露なのか(うわっ)。
でも確かに「〜を得よう」っていうきちんとした動機を言えてる人って少ないねえ。
それって<旅行感覚の延長>がここまできたってことか〜〜〜? 「あの街に行けばなにかありそう」みたいな妙な期待感。(旅行ですら99%何も起きないのは周知の事実)

過去そんな動機で海外に実際に出てった人を見つつ、うーん、そう?日本ですら得ようとした経験ってなかなか得られてないじゃんかよー、なんて言ったり、思ったりしてたのですが。

それはそれで、そんなに日本社会って魅力ないってことだともいえますけど、何かを掴もうとするフィールドは人それぞれだしね。
みんなそれぞれのフィールドで、がんばって参りましょう。どっかで苦労しててもどこかで「きわめてナイスな状況」といえる友達の声がききたいです。

Posted by: 本人です。 | 2004.09.27 at 22:07

おはようございます。
元部下の身近な例ですが…
中大を中退後にマイアミ大学を卒業、JTBの米国法人で働いていたがバブル崩壊での現地リストラに遭って帰国。たまたまタイミング運が良く中途採用で某携帯電話会社に就職。たまたま出向してた僕の部下として配属されてきました。日本企業の現地法人ではしょせん通訳乃至便利屋としてしか使われないと申してました。また僕の彼に対する感想ですが卒業後最初に就職した時にちゃんとした研修やOJTを受けなかった事に起因するのか、あるいは日本語でビジネスを学ばなかった事が原因なのか判りませんが日本人社員としては根回し等仕事の進め方、稟議書、各種契約書などのまとめ方等に見劣りするところがありました。かといって米国人のような仕事振りとも違うので中途半端な感じでしたね。
日本企業で働くならやはり卒業後少なくとも数年間は日本で働くのが良い。外国企業で働くなら(ネイティブの人達と競争する覚悟があるなら)最初から海外で現地の企業に入るのが良い。日本企業の現地法人や海外企業の日本法人は人の育成という視点から見るとどうしても中途半端かと思います。そこまで余裕がないのが現地法人という存在でしょうね。働く側としてはドライにギブアンドテイクが成り立てば良いでしょう。

Posted by: おやじ | 2004.09.28 at 07:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42301/1527318

Listed below are links to weblogs that reference 海外で仕事をする人:

« 旅話を旅友と。 | Main | またカレー(今度はカボチャ) »