« 金沢(2) | Main | 金沢で現代美術 »

2004.11.13

金沢(3)

金沢は和菓子の町。高校3年のとき、過酷な茶道の授業(礼法といった)に参っていた中で救われたのはこういった和菓子があったからでございました。はい。
1113_wagaashi.JPG

|

« 金沢(2) | Main | 金沢で現代美術 »

Comments

おぉ、「和」だぁ。
抹茶をすすりながら、お菓子を頂いて。で、紅葉でも眺めながらだったりしたら、すごいホッと出来そう。

Posted by: snuffie | 2004.11.14 at 11:33

こんばんは。
「和」でしたよ〜。
結局食べたのは「さざんか」を形どった和菓子でしたが、オレンジ色の「柿」をモチーフにしたお菓子がつやつやしておいしそうで、ヒジョーに悩みました。

そしてこういう和菓子はハトサブレと同じく、「どこから切るか」を悩むのでした。。。

Posted by: 本人です。 | 2004.11.14 at 21:52

見た目もとっても美味しそう。
やっぱり「和」だ。柿は秋、山茶花は冬の季語だとのことで、この時期をすごく表現していますよねぇ。(そういや、たきびの歌にあったな。)
迷った時には一口でパクッと… :p

Posted by: snuffie | 2004.11.15 at 00:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42301/1954214

Listed below are links to weblogs that reference 金沢(3):

« 金沢(2) | Main | 金沢で現代美術 »