« 久々ビール!ウルトラブリューン | Main | 巷で流行の? 海南チキンライス »

2004.11.01

Volvoにびつくり。

新聞広告が好きです。じっくり読めますから。勉強になります。
先週になりますが10月29日の朝、びつくりしてシゲシゲと眺めてしまったのがこれ。Volovoの広告。
娘二人を抱えたお母さんに、
「この子たちと車だけは、手放さなかったわ」
そして下の方に
「Don't look back.」

1029_nikkei_volvo.jpg

サイトを調べたのだけど掲載されておらず、私はこの広告を見ながらいろいろ深読みしてしまった・・・離婚したけど子供と車は離せないわよ!っていう元気なお母さん。
いままでにない車の広告で描かれる世界。ストレートにあたらしいと思った。妙に整った幸せそうなパパママキッズが生み出す「ハッピーファミリー」なんていう虚構より、こっちのほうがリアルなパワーってもんがある。やっぱりボルボ乗るともう他の車なんか乗れないわ、そのメッセージが強い。思い切りがよくていいな。私の読みが正しければ、だけど。

|

« 久々ビール!ウルトラブリューン | Main | 巷で流行の? 海南チキンライス »

Comments

僕も同じ意味に取りました。3人の笑顔とボルボに取られた(?)男の情けなさ。主役が後ろですがパワーを感じさせるインパクトの大きな広告ですね。

Posted by: カーク | 2004.11.02 at 10:08

ボルボって良い悪い含めて“堅牢”“安全”“家庭的”ってイメージが強いんだけどメーカー自身は案外これを打破したいと考えてるんじゃなかろか?似たようなブランドイメージ呪縛から逃れられずに悩んでる企業の一員だから感じるのかもしれないけど…

じゃ、どうしたいんだ?というときっと不足してる要素“スリリング”“エモーション”“セクシー”といった方向が欲しいんだと思います。そう見れば解らなくもないと思います、この感じ。

Posted by: おやじ | 2004.11.02 at 16:03

チョット前にカーオブザイヤーをとった辺りから変わってきたぞ、と思っていたのですがヤリますね。保守的な「車」も遅まきながらシングルマザーの社会的存在感の大きさに気づいたって事ですかねぇ。日本では出してないパターンも含めて新たなコンセプトを提案してきてる会社だなと感じてます。

Posted by: とよみ | 2004.11.02 at 17:37

お三方ともやはり気になっていらっしゃいましたか・・・(^_^;)

確かにおやじさんのコメントどおり、確かにボルボって
「家内安全、交通安全」
っていう質実剛健なイメージ。
打破しようというキャンペーンの一環としても、思いきったアプローチ。小手先のかっこいいイメージリニューアルでは妥協せず。
これからまだまだ面白いのがでてくるのか? 世界で出ている面白いパターンってやつも含めて、Volvoの広告今後非常に楽しみです。

Posted by: 本人です。 | 2004.11.02 at 23:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42301/1805714

Listed below are links to weblogs that reference Volvoにびつくり。:

« 久々ビール!ウルトラブリューン | Main | 巷で流行の? 海南チキンライス »