« ラオス旅ブログ終了 | Main | 小豆を煮て、デザート »

2005.01.23

唐招提寺展

どんより曇って、ここまで気温が低いと、なんともヨーロッパの冬って感じだなあと思いながら上野へ。
国立博物館でやっている『唐招提寺展』を見に。

2000年から金堂は解体されて10年間に渡る修復に入っているので、国宝の類いがお出ましいただけているというわけ。

金堂の配置にあわせて高さ3mの盧舎那仏坐像と四天王、梵天と帝釈天が置いてあり、工夫された展示です。
金堂のなかで出席してないのは、薬師如来と千手観音。これはいずれ見てみたい。
あと、盧舎那仏の後ろにあるはずの「小さい仏像がびっしりついた光背」は来ておらず、ちょっと盧舎那仏寂し気・・・? 後ろは少し禿げがありました(螺髪がいくつか落ちてしまっているのですねえ)。ああっ、光背で隠してるはずなのに、と思われていることでしょう。(思ってないだろ)

話はちょっとそれるけど、大阪でこういった仏像展示ではお供えのお金が置かれていたと、川上弘美のエッセイに出ていた。でもふつうにそうしたくなるような気がする。
拝みたくなるというか。拝もうという条件反射の文化が刷り込まれてるから? 

後の展示は寺のパーツや、和上像が置かれている御影堂の東山魁夷画伯の見事なふすま絵(1枚や2枚の量じゃありまへん!)で構成。

パーツの中でよかったのは、金堂を支えている「隅鬼」。
台座で鬼の彫り物がされているものなのですが、ただの鬼じゃなくて「支えてます」という姿が彫り込まれている、このかわいさ。力こぶはいってる、がんばってまっせ!というパワーを感じる。
元禄のときに1個だけ取り替えられているのだけど、それがあんまりやる気の無い表情で、修行不足といった表情で比較するとまた面白い。

ただ、一番おどろいたのは鑑真和上像の入ってる厨子。
鑑真和上像といやあ、教科書に必ず出てくるあの像です。ふつうに仏像のように展示されているのかと思いきや、背景に東山魁夷の、ふすま絵とまた違う鮮やかな絵で飾られていた。(リーフレットの一番上の写真にも出てます) こういった像とは黒を背景にひっそりと…と思ってばかりいたので、斬新で新鮮だったなあ。

展示物は少ないですが、いや、ここまで近くで盧舎那仏坐像を見れるのは滅多ないことではないか。鑑真和上の厨子の意外性にも。
以上で、大満足。

|

« ラオス旅ブログ終了 | Main | 小豆を煮て、デザート »

Comments

昨日は寒かったですよね。風邪ひいて寝ているには絶好の日よりでした。寝ててもあまり損した気にならないし
唐招提寺展 もう行きましたか~。混んでませんでした?週末きっと混んでるだろうし 平日にひっそり行きたいなと思ってるんですけど。

Posted by: nejibana | 2005.01.24 at 13:42

「隅鬼」ほんと元禄の方はなんだかヤル気なしもーどでよかったです(笑)
なんであんなに似てないモノわざわざ作ったのか作者に聞いてみたい。想像するに、屋根を葺いていた職人が、ある日「隅鬼」のひとつが壊れているのに気が付いた・・・でも届けるとめんどくさそうだし、家帰るの遅くなりそうだから、とりあえず自分で作って勝手に入れておいた。というのが事実です(大嘘)

Posted by: えてぽん | 2005.01.24 at 15:43

nejibana さん>
風邪はどうですか〜? お大事に。でも最近はなぜ平日はいい天気が多いのだ?。
展示会は後半がずえったい混むので、早めにいったほうがいいと思います。
平日ならきっと隅鬼のケースの前でじーっとしていても大丈夫でしょうー

えてぽんさん>
そう、あの時代も「重要な寺」だったはずなのに、この出来で許されたのがふしぎな1体でした。
「あ?1個どっかいっちまったぜい」「おう、大将、彫刻趣味だったよな」「・・・えっ(汗」「どうせちゃんと見えねえからどんなんでもいいってことよっ」・・・というのが私の説です。(大嘘)

いずれにしても隅鬼は必見です。ケースの中ですが。

Posted by: 本人です | 2005.01.24 at 21:40

こんばんは。渋いところへお出かけになって
ますねえ。^^

私は以前お寺だらけの町・鎌倉に住んでいた
のですが、特にお寺めぐりするでもなく。…
只中にいると有難みがないと言うか、いつでも
見られるし、などと思ってしまうんですよね。

む、もっと積極的に見て行かなくては。

Posted by: えひ山 | 2005.01.25 at 01:12

確かに、東京住んでても東京の有名観光地に行かないような。
私も浅草行ったのもずいぶんたってからだったし、六本木ヒルズは未だ行ってませんな。いつでもーという気になりますからねー。

Posted by: 本人です | 2005.01.25 at 21:19

風邪から復活しました(・∀・)

今日図書館から借りてきた川上弘美の本を読んでしたら ちょうど仏像にお金~のエッセイが出てきました。川上弘美いいですねぇ。ほとんど読んだ事がなかったんですが、ひまか島がセンセイの鞄の舞台になったというのを見て読もうと思ったけど、ずっと貸し出し中・・・でこの本。
読んでたら昼からお酒飲みたくなりました。

Posted by: nejibana | 2005.01.30 at 18:14

復活おめでとうございます。寒いですからねー来週も気をつけてくだされ。

川上弘美、私も読みはじめたのはごく最近です。自分のツボにはまってしまった作家。
なんか、とつとつとした感じが自分にぴたっときた。
ちょうど私もこの「ゆっくりさよならをとなえる」を昨晩の風呂で読み返したところなのでした。そう、この作家の本をよむと、居酒屋に行きたくなる、ご飯を食べたくなる。食欲が増す。
一番好きな「センセイの鞄」(文庫)をよく風呂で読み返しています。あれ、ひまか島が舞台なんだ〜。しみじみ。
ぜひ、よんでください。

Posted by: 本人です | 2005.01.30 at 20:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42301/2672551

Listed below are links to weblogs that reference 唐招提寺展:

« ラオス旅ブログ終了 | Main | 小豆を煮て、デザート »