« January 2005 | Main | March 2005 »

February 2005

2005.02.27

去年の河津桜

三寒四温といいますが、寒さばかりが続いて暖かさが続かないようですね。
明後日からは3月です。

去年のこの頃、友達らと伊豆の河津桜(訂正:場所は下賀茂温泉でした)と菜の花を見に、チャリを持って行きました。
ここは桜と菜の花が同時に咲く、花見の名所です。(再度訂正:下賀茂温泉です)おそらく今年は今週末が見ごろだったのではないでしょうか。
0227kawazu
私たちが行った日は、もう散りかけでした。

0227kawazu_2

0227taraimisaki道路はもちろん伊豆なのでアップダウンが激しく、軟弱な花見好きにはかなり辛かった(笑)。
しかもぐるっと岬まで行って帰るつもりが、なぜか海岸沿いの遊歩道、盥岬を通って私のチャリンコを担いで歩く羽目に・・・

さて、・・・

Continue reading "去年の河津桜"

| | Comments (14) | TrackBack (0)

2005.02.23

小豆を煮て、デザート(BlogPet)

きのうはちのへ市販した。


*このエントリは、BlogPetの「大祖ぬるはち」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.19

フレキシブルな人生?

例えば、会社が危ういとか、部門が切り捨てられそうとか、旦那が失職したとか、中国の奥地に転勤になるとか…あまり嬉しくないハプニング。
とはいえ、そういうことは[勤め人]ならば、誰にでも起こりうると思う。

いきなり転勤、しかも自分がやってきた畑と全く違う部門に異動とか、多分乗り気じゃない仕事に転勤の上、子供が生まれたばっかり・・・仕方ないから転勤してきて、つらそーだなという人もいないわけではない。実際の話。

それなりに思いきりの必要な話ではあるが、時と場合によっては臨機応変な対応も必要。こういう身軽さも必要だなと以前から思っていた。
しかし自分もいい年になったので、勢いだけじゃなくて、これからは自分に身に付けた知恵とか経験とかスキルが本物じゃないとダメだなーとしみじみ実感している。

Continue reading "フレキシブルな人生?"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.02.13

旅先の犬

thaidog3

熱帯地域の犬は日本の犬みたいに、素早く動き回ったりしないし、無駄に吠えたりしない。もちろん紐に繋がれた犬はほとんどおらず、町中をだらだらうろうろしているのだが、その顔は「あーすいませんねえ」なんともなく気弱な表情である。
気ままってわけでもなさそうだし、我が物顔ってわけじゃないし、威張っているわけでもなさそう。それなりに生きるため、食べるものを探して忙しいのだろう。
「どっか涼しいところはないかねえ」と、寺の境内なんかでべたーっと寝る。
2004thaidog

「喉がかわいた」と、カメから水を飲む。
thaidog2

ラオスではある犬が私のバンガローのテラスをその日のねぐらと定めたのか、その日は動いてくれなかった。私はハンモックから降りる都度、奴を踏まないよう気を配る羽目なってしまった。

※気が付けばあまり更新してませんでした。うーん。2月は逃げるというが本当にあっという間に日が経ってしまいました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2005.02.11

黄色いバケツのお供え

0101_osonae

タイのお寺での「お供え」。
寺の外でも売られていたりする、この袈裟と同じ色のバケツの中には何が入っているかいうと・・・
歯磨き粉
洗剤
石鹸 などなど
極めて日常品。お坊さんの生活品となるのだろう。

周辺の国の新年時期に、バケツにこそ入っていないが、カゴに盛られたりした似たようなものをみかけたので、きっとこの「日常品お供え」の習慣は近隣同一なんだと思われる。

そしてこの黄色いバケツは、、、きっとリサイクルされてまたお供えが入るにちがいない!


寒さによる疲労?風邪気味でイマイチ本調子じゃありません。せっかくの連休。今日は家で休んで、明日は散歩に行こうと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.09

旅後のつながりとSNS

旅で仲良くなる人がいる。
で、別れしなに交換するのは、昔は住所で(懐!)、今はメールアドレス。
メールの連絡は手軽だが、その後コンタクトとるかどうかは別問題である。

旅の友も、自分の日常生活拠点で友達ができるプロセスと全く同じことだ。気と話が合うかあわないか。要はそれだけである。
どんなにすばらしい場所で楽しいことを共有しても、続くかどうかはそこにあるのではなかろうか。これは私見であるが。

なので帰国後一度二度コンタクトをとった人とはその後も結構メールや年賀状をやりとりしたり、会ったり、時折写真みせあいこしたり、飲みに行ったりして、付き合いは長く続いている。

ちょうど先週あたりから、この前のラオスで仲良くした4人から立て続けにメールが来た。一人はミャンマー、一人はタイで旅を続け、二人は国に帰って仕事したり仕事探しをしているようだ。
私の英語がつたないもので、返信に時間かかるのだがとりあえず返信している。英語がへたくそなんで、画像つけてみたりして誤魔化しているが。(笑)

そのときに思ったのが、ソーシャルネットワークサービスはこういったつながりにも有効なんじゃなかろうかと。
相手がインターネットを使いこなせ抵抗がないのであれば、お互いの状況をSNSのページを通じてその後の消息を知ることができる。入っているコミュニティなどで他にどんなことが好きなのかを知ることができる。

毎日会っている相手や、もともとの知り合いとSNSでつながるのもいいけれど、会う頻度の低い友達や、知り合ったけれどなかなか会えない人と繋がるのにSNSは最適ではないかと思われる。

ちなみに、旅を重ねるにつれてよっぽどのことがない限り、アドレス交換というのはしなくなったな。最近は・・・。

適当な旅の画像が見当たらなかったのでとりあえず文章のみで。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.06

階下の眺め

吉祥寺の横丁に最近登場した韓国料理のカフェ。ちょっと気にはなっていたのだが、入ってみた。
別にご飯は特筆すべきことは私にはなくて、普通。気になったのはテーブルが不安定だったこと。
なんだけどこの横丁の通りを2階から覗くことができて、ちょっと面白かった。

0205kichijoji

漬け物屋を見下ろす形になります。

にんじんとナスときゅうり2本ですか〜 はい〜
ぬかづけのにんじんはおいしいですからね〜

最近、妙に新しい店の進出が多い横丁ですが、こういった昔ながらの漬け物屋やお餅や、中華料理屋と同居しているのがいいところです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.05

ラオスの子ども

laos_kids

なにをしていたのかよくわかりませんが、二人で仲良く遊んでいた男の子。
左の子は鼻をたらしていましたが、カメラを向けるとずるずるっとすすりあげてしまいました。

ラオスは子どもがとても多い。おかげで学校は二部制。
でも、その中で女の子のほうが多いんではないか、と後で気が付きました。通学風景みてたら半分以上は女の子なんじゃないかと思う。
さあどうする、ラオス男児!

子供写真はデジカメより一眼レフ(もちろんフィルム)のほうが追いやすいなあと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.02.01

パスポート更新

2000年夏に始まったパスポート。この夏で切れるので思い立ったが吉日、更新した。
今回のラオス旅行が最後の利用となったわけだ。
新しいのを受け取りにいった。

しかし、良く考えたら、別にもうちょっと後に申請してもよかったんだな。あと半年以上あったんだから。2010年の1月切れるってことは、2009年の冬の旅行の前に更新しなきゃならんじゃないか・・・云々。まあ、先のことだし、いいか。(先回りし過ぎだ)

0201passport

思い返してVOIDを押された古いパスポートをぱらぱらめくった。
翌月にはビザ不要になるのにぎりぎり必要でとったルーマニアのビザ(大使館に電話したら来月行けと言われたっけ)、めったに押されないのに押されたこともあるヨーロッパのスタンプ、なぜか同じのが2つあるイタリア入国、絶対最後のページに押されるモロッコ、やたら出てくるタイの三角スタンプは出入国のポイント文字をたどっていった。
いろんなことを思い出しました。

顔は変わると想定して、次回も5年で申請。
というのもゲストハウスの女の子に「ほんとにあんた?」と聞かれたことがあって(愕)、10年後なんて想像つかないなあと思って。
10年たてば、・・・不惑?・・・

さあ、またせっせと旅にでるとしよう。

| | Comments (177) | TrackBack (0)

お茶が飲める旅先はホッとする

旅行をしてきて思うこと。
「お茶が飲める旅先/地域はほっとする」
お茶はリラックスの重要な要素なのではなかろうか。
とはいえ、わざわざ日本茶を持って行くようなことではない。その地域、その土地でみんなが飲んで和んでいる「お茶」のことだ。

中国であれば、「龍井茶(ロンジン茶)」がある。私もみんな(人民)に倣って持ち歩く。
中国のホテルはテレビや水道や暖房が壊れていても、絶対にお茶を飲むお湯だけは与えられる
部屋の前のテラスに椅子を引っ張りだし、お茶をゆうゆうと飲みながら日記をつけたり本を読んだりできる。
ミャンマーでは風呂椅子に座る路上カフェでコーヒーを頼むと、必ずお茶がでてきてこちらはいくらのんでも構わない。夜遅くまでおしゃべりに興じている。
1219cafe_ochya
写真はラオスのカフェ。コーヒーを頼むとお茶は必ずついてくる。
そういえばずいぶん前だけど、ネパールでは寒い夜に道ばたで飲んだチャイは最高にうまかった。

モロッコではミントティー。男達はネズミ男みたいなマントを着てカフェでミントティーにお湯をつぎ足して延々とのみ、延々とおしゃべりをしている。
こんなに遠くまで来たのに、お茶が飲めるなんて、と本当にうれしかった。
東欧はトルコに影響されたからだろう。ブルガリアではハーブティー。駅のスタンドなどでteというとハーブティーが出てきた。リプトンを覚悟していたのでうれしかった。薬草みたいなハーブティーなのだが飲むとヤミツキになる。

一方、・・・

Continue reading "お茶が飲める旅先はホッとする"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »