« ラオスの子ども | Main | 旅後のつながりとSNS »

2005.02.06

階下の眺め

吉祥寺の横丁に最近登場した韓国料理のカフェ。ちょっと気にはなっていたのだが、入ってみた。
別にご飯は特筆すべきことは私にはなくて、普通。気になったのはテーブルが不安定だったこと。
なんだけどこの横丁の通りを2階から覗くことができて、ちょっと面白かった。

0205kichijoji

漬け物屋を見下ろす形になります。

にんじんとナスときゅうり2本ですか〜 はい〜
ぬかづけのにんじんはおいしいですからね〜

最近、妙に新しい店の進出が多い横丁ですが、こういった昔ながらの漬け物屋やお餅や、中華料理屋と同居しているのがいいところです。

|

« ラオスの子ども | Main | 旅後のつながりとSNS »

Comments

北口?って感じでしょうか。
学生時代の溜まり場でしたねぇ(遠い目)。
チェーン店化している洋風居酒屋(多分ここの近く)で飲むことを"hubる"と表現してました。
アメフト部、野球部、ラグビー部の団体さんで行くとたいてい延長コース。大ジョッキ数杯とサービスタイムのカクテルやテキーラショットの勢いを借り、荻窪友人宅まで1時間ほどの深夜の団体様千鳥足行脚をしたこともしばしば…。
思い出深い街で、良く行きたくなる場所の一つです。
でも最近は変わってきているんでしょうねぇ。

Posted by: snuffie | 2005.02.11 at 20:01

そうそう、ハモニカ横丁です。ここ1年ぐらいかな、新しい店が多々。
おとなりのHubある建物の前は相変わらず学生さんがたむろってますね。
吉祥寺みたいな街が学生時代の思い出だなんていいですねー。

この近辺に住みはじめると、離れるのが嫌になります。

吉祥寺では、1年前ぐらいに「とらやかねこ」が店を閉め、和装店になった。あのばあちゃんはバイトだったというがホンマかな?
ウチの母は学生時代をこのあたりで過ごしたので、この横丁がまだあること自体にいたく感動してました。

Posted by: 本人です | 2005.02.11 at 21:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42301/2828461

Listed below are links to weblogs that reference 階下の眺め:

« ラオスの子ども | Main | 旅後のつながりとSNS »