« 黄色いバケツのお供え | Main | フレキシブルな人生? »

2005.02.13

旅先の犬

thaidog3

熱帯地域の犬は日本の犬みたいに、素早く動き回ったりしないし、無駄に吠えたりしない。もちろん紐に繋がれた犬はほとんどおらず、町中をだらだらうろうろしているのだが、その顔は「あーすいませんねえ」なんともなく気弱な表情である。
気ままってわけでもなさそうだし、我が物顔ってわけじゃないし、威張っているわけでもなさそう。それなりに生きるため、食べるものを探して忙しいのだろう。
「どっか涼しいところはないかねえ」と、寺の境内なんかでべたーっと寝る。
2004thaidog

「喉がかわいた」と、カメから水を飲む。
thaidog2

ラオスではある犬が私のバンガローのテラスをその日のねぐらと定めたのか、その日は動いてくれなかった。私はハンモックから降りる都度、奴を踏まないよう気を配る羽目なってしまった。

※気が付けばあまり更新してませんでした。うーん。2月は逃げるというが本当にあっという間に日が経ってしまいました。

|

« 黄色いバケツのお供え | Main | フレキシブルな人生? »

Comments

犬好きとしてはたまらない写真ですねぇ。
バンコクにもたくさんいたのでたくさん写真をとった覚えが…。
マラッカには結構いたけど、シェムレアップにはあまりいなかったな。ただ、仏教国のほうが犬にとっては生活しやすいかもしれませんね。
一部しか見ていませんが、南国の犬たちはお犬様ではなく、人間と共生しているように感じました。

Posted by: snuffie | 2005.02.15 at 15:05

何とも心なごむ写真ですな。
小生、柴をベースに雑種系が好きなので、こいつらまさにストライクゾーンって感じ。

ちなみに、みんな野良なのかな?
最近の服を着た(着せられてるだけだが)犬が大嫌いな(犬ではなくて飼い主という事になるが)おいらとしては、この適当な距離感が懐かしくもうらやましい。

Posted by: ふくちゃん | 2005.02.15 at 18:34

東南アジアでうろついている犬を怖いと思ったことはありません。でも、旅した中で一番怖かった野良犬はルーマニアのブカレスト。すべて捨てられた大型犬でめちゃ怖な獰猛さ。あの国の盛衰の一面を大きく物語っています。

Snuffieさん>
バンコクは都会なんだけど人々の暮らしがあるからか、犬はけっこういますよね。一枚目と3枚目はバンコクです。
シェムリは観光であそこまできた街だからあまり犬はいないのかも?ひょっとしたら政府に追い出されたのかも?とかんぐってしまいました。 (やっぱりカンボジアの田舎にいってみなくては、と今思いを新たにした本人でした)。

>ふくちゃんさん
私も服来た犬がダメで、しば×雑種チックな東南アジア諸国でうろうろしている犬が好きなのです。ちょっと控えめ?といいますか、犬としての分をわきまえている、そこが、ますますかわいいです。
こいつら、野良犬なんだと思ってるんだけど、本当のところはどうなんだろう?
とはいえ、snuffieさんがおっしゃるとおり、やっぱり殺生しない仏教国では野良でも暮らしやすいのじゃないかなと思います

Posted by: 本人です | 2005.02.15 at 22:50

人間様と畜生の分をわきまえてこそ、いい関係が成り立つはずだよねぇ。と同じ(まともな、とおいらが思う)感覚をもってる人にいくら言っても仕方ないが。

Posted by: ふくちゃん | 2005.02.15 at 23:53

そう、東南アジアの犬たちって、程よい距離感を保ってますよね。

イスラム教では犬の鼻が不浄のものとされているらしいので、あまり良い扱いは受けなさそうです…。

シンガポールではより「ペット」に近い感じです。
犬にも毎年税金がかかり、
雌(未手術)>雌(避妊手術済)=雄
と、頭数を増やす雌の犬のほうが高くなってます。

Posted by: snuffie | 2005.02.16 at 01:53

ふくちゃんさん> 
服着た犬が嫌いだといったけどあれは訂正。
この前、ぼろぼろの人間用Tシャツを汚れ防止に無理矢理着せられたっぽい柴が、妙にかわいかった。(笑)
人間が犬を家族と思うのは当たり前だけど、犬に犬の感覚を忘れさせているような状態になってしまっているのが苦手、、、というのに訂正です。そういうことですよね。


snuffieさん>
シンガポールはさすがですね…。
メスのほうが税金高いなんて。。。そんなこと考えもしなかったです。猫にも厳しそうですね。
イスラム圏では確かに犬がいなかったような。。。いると撮るけど撮ってないから。(笑) やっぱ猫かな。

Posted by: 本人です | 2005.02.17 at 21:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42301/2913117

Listed below are links to weblogs that reference 旅先の犬:

« 黄色いバケツのお供え | Main | フレキシブルな人生? »