« 階下の眺め | Main | 黄色いバケツのお供え »

2005.02.09

旅後のつながりとSNS

旅で仲良くなる人がいる。
で、別れしなに交換するのは、昔は住所で(懐!)、今はメールアドレス。
メールの連絡は手軽だが、その後コンタクトとるかどうかは別問題である。

旅の友も、自分の日常生活拠点で友達ができるプロセスと全く同じことだ。気と話が合うかあわないか。要はそれだけである。
どんなにすばらしい場所で楽しいことを共有しても、続くかどうかはそこにあるのではなかろうか。これは私見であるが。

なので帰国後一度二度コンタクトをとった人とはその後も結構メールや年賀状をやりとりしたり、会ったり、時折写真みせあいこしたり、飲みに行ったりして、付き合いは長く続いている。

ちょうど先週あたりから、この前のラオスで仲良くした4人から立て続けにメールが来た。一人はミャンマー、一人はタイで旅を続け、二人は国に帰って仕事したり仕事探しをしているようだ。
私の英語がつたないもので、返信に時間かかるのだがとりあえず返信している。英語がへたくそなんで、画像つけてみたりして誤魔化しているが。(笑)

そのときに思ったのが、ソーシャルネットワークサービスはこういったつながりにも有効なんじゃなかろうかと。
相手がインターネットを使いこなせ抵抗がないのであれば、お互いの状況をSNSのページを通じてその後の消息を知ることができる。入っているコミュニティなどで他にどんなことが好きなのかを知ることができる。

毎日会っている相手や、もともとの知り合いとSNSでつながるのもいいけれど、会う頻度の低い友達や、知り合ったけれどなかなか会えない人と繋がるのにSNSは最適ではないかと思われる。

ちなみに、旅を重ねるにつれてよっぽどのことがない限り、アドレス交換というのはしなくなったな。最近は・・・。

適当な旅の画像が見当たらなかったのでとりあえず文章のみで。

|

« 階下の眺め | Main | 黄色いバケツのお供え »

Comments

最近、名刺交換したらSNSに入ってるかどうか聞くことが習慣化してます(苦笑)ま、IT業界だからでしょうが結構GREE,mixi(mixiが増えてるが)に入ってる人が多い事に驚きます。入ってない時は招待しちゃったりもします。

で、名刺交換したっきり!が減ってますね(笑)

Posted by: おやじ | 2005.02.11 at 16:51

確かにIT関連の方は多いですよね。
私としては、仕事相手には聞きたいような、聞きたくないような・・・(笑)
すべてがバレバレな感じで(笑)。

例のオランダ人にorkutを誘ったら、「それはなに?詳しく説明して」とメールがまた来たのだけど、詳しく説明できかねた私。。。わかってくれたかなあ。

Posted by: 本人です | 2005.02.11 at 19:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42301/2854683

Listed below are links to weblogs that reference 旅後のつながりとSNS:

« 階下の眺め | Main | 黄色いバケツのお供え »