« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

2005.05.28

自宅でブロンシュ瓶

都心にいたので、帰りに神宮前でおいしい生ブロンシュを呑んで帰ろう、と思ったのだが、、、
財布に野口英世がお一人さまぽっきり。。。
これでは飲みにいけないではないか。

仕方ないので、ヒューガルデンの瓶を酒屋で買って帰った。おいしかったけど、生が呑みたかった。
200505hoegaarden
おいしい季節がやってきた。ビールだビール!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.25

猫が気になる

実は「猫」が苦手だ。

犬は大好きなので毎朝通りすがりに会釈をするが、猫は怖くて子供の頃から逃げていた。
近年も、あまりいい記憶がない。交通事故とか(なぜかワタシはよく遭遇する)、我が家のベランダをねぐらにしたとか勝手に入ってきたとか、そういうことで。
猫こわさに、誤ってガラスにヒビ入れたこともあるし。

ところが、まったくここ最近になって、しぐさなどが面白いとおもうようになり、路上猫にちょっかいをだしてみるようになった。多分、猫を入れて写真をとったりすることが増えて慣れてきた?からかもしれない。
それから、人の猫写真を見る機会がブログで増えたこともあると思う。

よく私のブログにも来ていただいている、Bess&Janさんのブログでは、猫のいい表情とかしぐさをアップされてるので、柄にも無く「うい奴」とつぶやいて何度も見てしまう。
特に、昨日の鴨居の上の猫と、テーブルから覗き込む猫さんは、カメラを持っているのが飼い主だからだろうか、猫が笑ってるように見える。

ITMediaの連載の、「今日から始めるデジカメ撮影術」でもMacの上で寝る猫なんか見てると、家にペットがいたら面白いなあとふと思ったりする。

あづま川さんが連休中にずっと連載していた旅先の猫シリーズ。
旅先の猫は一人旅の遊び相手となることが多い。写真を撮ったり。

というわけで最近、他人の猫さんがちょっと気になる本人でした。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.05.24

広島のうまいもん(甘党)

離れてからずいぶんたつので最近のお店には詳しくないけれど、自分の定番はいくつかある。絶対ここだけははずせないというもの。

■洋菓子:モーツアルト
子供のころから、ケーキといえば、ここ。誕生日は必ずここのケーキ。
チーズケーキはスポンジタイプで軽い。でもしっとりしていておいしいのですよ。
一方でザッハトルテのチョコレートの濃さは言うまでもなく。。。他もいろいろ食べたけど、ここのザッハトルテが自分はなんだかんだと好きだなと。
200505_moz_cake
ケーキの他にクッキーとかもおいしいです。

そしても一つケーキなんですが、、、
■洋菓子2:ポワブリエール
以前近所にあったフランス風洋館の洋菓子屋。現在はそごうの地下で買ってるのですが。
ここの「フロマージュ」ユダヤ風チーズケーキは濃厚でずっしりくる。
200505cake_powa

■和菓子:高木
盆正月、法事葬式など集まるときに欠かせないのが高木の和菓子。それなりにお値段するのね、と知った次第。

■パン:アンデルセン
東京にもあるアンデルセンやリトルマーメード。広島が本店。1階のイートインカフェのサンドイッチがおいしい。散歩の途中でここの喫茶でお茶をして ぼおおおおおおおっ としているのが定番。
今回はカールスバーグでした。
200505beer_andersen
めったに飲まない海外ラガーだけれど、たまにのむとうまかった。

さて、これで広島編はとりあえず終わり。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.05.23

魚さかなサカナの夕飯

ある日の広島での夕飯。

この魚は私たちは「ちぬ」という呼び方をするけれど、黒鯛のことです。いまからが旬。
200505chinu
けっこう大きいさかなだったのに、これで250円ぐらい。うーん、たまりまへんなー。
手前の右の白いのは「はも」。夏が旬の魚だけど、走りであったので買ってきた。これも大好物。
筍とキヌサヤの煮物で、春の食事だ。

で、こちらは「ぎざみ」と呼んでる魚。色が控えめな熱帯魚みたいにカラフルで、子供の頃は食べるのがカワイソウと思ったものです・・・。こいつは悪食らしくてハラワタが臭いが。
200505gizami
調べたら本名は「キュウセン」といって、スズキ目ベラ科らしい。

それにしても魚の呼び方は地域によって全く異なる。
私は「ハゲ」と呼んでいる好物の魚があるのだけど(ほんとにハゲっていうんですよっ)、それは東京では「カワハギ」といいます。こういう違いを知るのも、面白い。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.05.21

宮島口まで自転車で:続(BlogPet)

きょう本人さんで、優越したかったの♪
きょう大祖ぬるはちは、家族連れみたいな優越された!


その日は明治維新後に改宗を迫られ殉教した人々を祀る「乙女峠まつり」があったので、カトリックの信者さんたちや、シスターが多々集まっておられた。
殿町通りの中にある教会の外見は西洋建築だが、中は、、、そう、畳敷きなのだ!


*このエントリは、BlogPetの「大祖ぬるはち」が書きました。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.05.20

宮島口であなごめし

宮島口近辺は昔は漁村だったので、今も少し先へ行くとこんな光景に出会う。
200505miyajimaguchi

宮島口は宮島観光をめざす人と車で大混雑。
実はこんなに混んでいるのを見たのは初めてで、私は気力萎え。所用もあったので、ここで引き返すことにした。

とはいえやはりここまできたら「あなごめし」だけは食べて帰らねば。
「うえのや」はこういうシーズンは相当並ぶことを覚悟しなくてはならない。今回もこのお弁当を作ってもらうのに1時間待ち。今回は久しぶりに来たので待つことに。

200505anagomeshi2

あなご好きにはたまらん、びっしりあなごのお弁当。ふわふわのあなご。。。
久々のあなごめしに家族も満足、所用を済ませて帰りました。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.05.19

宮島口まで自転車で:続

地御前あたりで海岸沿いに出てみると、潮干狩りする家族連れがたくさん。ずっと子供のころにここで泳いだりしたけれど、あれは何歳ぐらいのときだったんだろう。

200505shiohigari

200505jigozen
向こうに見えるのが宮島。
しばらく休憩し、渋滞の車の横をスーッと抜けて宮島口到着。
こういうとき自転車の優越感を感じる。(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.05.18

宮島口まで自転車で

宮島は縁のある土地なので子どもの頃からよく行った土地。
方法は常に電車(ピンクの電車の広電派)か、車かどちらか。だからずっと市内からは遠いところだと信じていたのですが、市内から驚くほど近かった。

とりあえず相生橋西側で記念に一枚。
200505cycling
ルートは簡単。市内100メートル道路から己斐方面に向かい、2号線を進みます。
バイパスに入らず(入れませんが)庚午のほうに進めばいいだけ。この「宮島街道」は、ほとんどの場所で「原付自転車専用道路」が整備されているので、非常に走りやすかったです。
200505hatsukaichi_road

廿日市のバス停で休憩。船着き場なので潮のにおいがぷーんとただよってきます。
200505kyukei

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.05.17

鯉のマンホール

津和野のマンホール、やっぱり鯉だった!

200505tsuwano_manho

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005.05.15

津和野の教会

その日は明治維新後に改宗を迫られ殉教した人々を祀る「乙女峠まつり」があったので、カトリックの信者さんたちや、シスターが多々集まっておられた。
200505tsuwano_chaperl

殿町通りの中にある教会の外見は西洋建築だが、中は、、、、
200505tsuwano_chapel

そう、畳敷きなのだ!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.05.14

SLに遭遇

SLに遭遇した。
山口から津和野まで行楽シーズンはSL列車が走ることで有名。だいたいこの時期のニュースのネタ。
駅の周りは鉄道ファンのみならず、観光客がわらわら集まってきた。
200505tsuwano_SL_st
端からみただけだけれど、内装もレトロに凝っていた。

そして森鴎外の家へ行こうと貸自転車をこいで橋の上にさしかかったところで、汽笛が聞こえ、もくもくもく、、、
200505tsuwano_SL_br
(ちょっと早く撮り過ぎました…)

そして行ってしまいました。
200505tsuwano_SL

| | Comments (3) | TrackBack (0)

久々ベルギービール

ちまちまと用があってなかなかビールを飲みに行けないのだが、お茶の水まで行ったので、帰りに神田のBへ。。。
200505beer
居酒屋風なのでモツ煮込み(トマト味!)といっしょに、on tapのブリュノオのアンブレ(アンバー)を。角のない、ローストされたほろ苦さだった。

東京は気温があがってくれず、なかなかTシャツという気候にならない。夜なんて自転車をこぎながら「寒い〜」と思う日が続いている。もう少し温かくならないかな。ビールがおいしい気温に。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.05.12

安野光雅美術館

津和野に行こうとおもったのも安野光雅の絵本を思い出したから。
たまたま4月半ばに、三鷹にある絵本や美術書などの本をそろえているいい感じの古本屋さんで、彼の故郷のスケッチ集「津和野」を手にとったのだ。

安野光雅美術館はその「津和野」の原画などを展示している。建物も学校の教室を模していたり、貼ってある習字なども昔の学校を思い出させるような、こだわって作られているようす。
展示されていた出身地:津和野のスケッチ「津和野」もいいが、「安曇野」のスケッチもきれいな緑がいい。
横に添えられたエッセイも一緒に楽しい。
この人は「旅の絵本」シリーズを書いているくらいだから、旅も好きなんだろうな。そしてその街でうろうろするのもきっと好きなのではなかろうか。

印刷されyた絵本だと紙の質感などが伝わらないのだが、原画は紙の凹凸などが出す絵の雰囲気がよくわかる。油絵もそうだけれど、現物のよさを改めて実感した。

個人的に好きだったのは、「10人のゆかいなひっこし」や、「ふしぎなえ」。今読んでも、ええなーと思った。

レトリックに満ちた絵や、「蚤の市」、蚤の市の一日を追う絵本の原画。
この絵は、ときどき不思議なものを売っていたり、ディテールが細かくてみていて楽しい。

豪華な絵本をみているような気分になって満足。
市販されている絵本も高いんだけど、いいよなあ。。。
ワタシはつつましくポスター買いました。
200505poster

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.05.09

津和野へ

山陰地方、島根県の西にある津和野。ほとんど山口県に近い街。森鴎外の生家があり、絵本画家の安野光雅の出身地。古い町並みを残し、山陰の小京都とよばれている街だ。
アクセスとしては山口方面からは電車の路線があって便利ですが、広島や岡山方面からは電車やバスでは行きにくい場所。
本人の場合、思い立ったが吉日で、車で日帰りしたのであまり時間がなく、ゆっくり散策というわけにはいかなかったが、山に囲まれた気候もよくのどかな美しい街だった。

鯉が有名。街の中に流れる水路にも、鯉が泳いでいたし、
200505tsuwano_suiro2
鯉の米屋(米屋の裏側に鯉池がある)なんていう面白いところもあった。
200505tsuwano_komeya2

200505tsuwano_koi
それにしても窒息しないのかねえ、、、君たち。。。

というわけで昼食は、鯉のあらいと鯉こく。
鯉を食べるなんて初めてだ。
200505tsuwano_koiarai
鯉はもっと臭みがあるものかと思っていたが、歯ごたえのある(少し骨もある)身で、予想以上においしかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.08

広島の川沿いポタ

広島の風景と言えば、川。
200505otagawa

多くの川沿いはきれいに整備されて、走りやすい。
通勤通学路、散歩…生活に密着した川沿いだ。そんなに混んでいるわけでもない。高校生の頃はよく友達と行ったし、よくここでぼおっとしたりする。
のろのろ走っていると、ママチャリで猛スピード(ヘッドホン付き)の高校生に追い抜かれる。ママチャリでなんであんなに早いのか、不思議なほど。

200505shirotsumekusa
じゅうたんのようになったクローバーとシロツメクサ、いまが一番いい季節だ。
30分もたたないうちに安芸大橋の赤い橋が見えてくる。懐かしいなあ。思ったより近いのか、子どもの頃はもっと遠くだと思っていたのだけれど。

200505takase-hashi
高瀬橋の上で。この先、太田川と三篠川が合流するポイントまで、そんなに遠くなかった。
帰りは、川沿いの道から降りて知っている街などをウロウロしながら戻った。大きなバイパスが通ったのでもう私にはよくわからない場所も多かった。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2005.05.07

遠くへ行って、乗りたい

遠くまで自転車で行きたいか
遠くへ行って自転車にのりたいか

日々の東京徘徊も楽しいけれど、どっちかというと私なんかは遠くへ行って自転車に乗りたいタチだ。

昨年は友達の車に乗せてもらって、讃岐うどん、今治焼き鳥、しまなみ海道でサイクリング・・・という強行軍だったが、今年はANAバースデー割引で広島往復。
飛行機は楽なので、もちろん自転車連れで行ってきた。

200505_rinko

空港に到着するまでは大変なんだけど、あとは電車などより全然楽!

200505_haneda

というわけでしばらく、広島ネタが続きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一年の計は元旦、ではなく

GWもそろそろ終わり、久々におちついてブログです。

20代半ばの誕生日を迎えたとき、思ったのが「人生の本番はこれからなのだろう」。それまでは序走だったのかもしれないと。

私は正月はだいたい旅行をしているので、にぎにぎしく「今年は×××な年に…」ということをあまり考えていない。一年の計は元旦にはない。
そのぶん、春に迎える誕生日にはよく次の1年のことを考える。1年1年が早くなり過ぎて、若干戸惑い気味(笑)。

今年は…仕事に恵まれるよういろんな努力をする、お金ためる、決めたことをきちんとやること… ここ数年変わり映えしないような内容に、若干反省気味ではあるが…。さらに、相当いいお年のくせに、自分の親の足下にすら及ばない。

何はともあれ、いい一年にしたいものだ。
最近になって、何年もずっと心のどこかで忸怩たる思いに囚われていたことがあったのだが、そういうことを忘れたり、どうでもいいと思えるようになってきたからかもしれない。
いいことをもたらすのも、自分の気分の持ち方次第なのですよね。

200504_birthdcake

写真はバースデーに食べた黄色のケーキ。いろんな形で祝ってくれた友達や家族に今年も感謝。

今年のGWは長かった。楽しかった。
ぼちぼちブログ再開します。本人もようやく東京に復帰し、夏までまた辛抱の日々です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.05.05

鯉のぼりが泳ぐ

今日はこどもの日。
東京では自宅の庭に鯉のぼりをあげているのを見かけることは少ないのだけれど、広島では立派な鯉のぼりがありました。

200505koinobori2-s

200505koinobori-s

5尾並んでいるのは、実に見事。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.02

というわけで。。。F10

先日、デジカメを狙われているという話を書きましたが…新宿西口にて買ってしまいました。FujiのF10。

200504_f10

現在、連休で東京を離れており、猛烈な勢いでぱしぱしやっております。
昨日はざんざんぶりの雨。暗くてもぶれが少ないのですが、多少ピント合わせに時間がかかるような気もしますな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »