« May 2005 | Main | July 2005 »

June 2005

2005.06.30

夏の計画は

200506hateruma

ここ数年で初。夏に、何も計画が、ない。

本当ならば、梅雨の明けた直後に八重山行って、8月か9月に休みがとれたらちょっと海外へ、というのが一番理想なのだが。

今年は両方、ない。

まあ自分でいろいろ考えていたこの先の計画が、ちょっと狂ってきているせいもあるのだけれど。
きみは働いているわけだし仕方がないだろう、と人に言われるが、どうもね、なんかね。それとこれは別。

周囲でも夏の休みが始まったようで、八重山へ、海外へ。ワタシは省エネでちと蒸し暑い仕事場でなけなしの金を稼いでいるという具合だ。

年末はスリランカに行けなかった。
一昨年の年末、昨年の年末とタイへ行き、まったく知らない海外へ行ったのは2年前のハンガリー、クロアチア、イタリアを回った旅以来ストップしている。

そんなことを考えてふと頭をよぎったのは、自分は新しい土地に対して臆病になっているのではないかと。

バンコクに旅の最初に行くと、やっぱり緊張はするし、夜だとちょっと不安もあるし、気分も高揚するが、いつものところにいつもどおりに行ける。(タイだってバンコクだって知らないところは五万とあるのですが)一種の帰ってきた感覚ある。

しかし、まったく知らない地に飛行機で辿り着き、心臓ばっくんいいながらも、一歩を踏み出すような気分こそ、旅をしている実感でもある。

でも、そういう旅に出ていないような気がする。

この先数年の間、そんな思いをする旅ができなかったら自分は臆病になってしまいそうだ。知った地域、国以外へは出られなくなってしまうかもしれない。それが恐い。

んなことできんでもええがな、という声もあろうが、ワタシの余暇は旅に捧げてきたといってもいいので、これが亡くなったときは、ワタシはもぬけのから、なんも残らないからな。これまでの旅で何か残ってるかというとそれもまた疑問ではあるが。

もし、たっぷり休みがあったら。どこに行こうか。
ボスニア、旧ユーゴのあたりに行きたい。
かつてロンプラを読み読み、2週間コースのルートをひいてからもう、3年ぐらいたった。その間にユーゴの名前は変わった。
それからイスラム圏。チュニジア。
ウイグルにも行ってみたいのだ。

そんなことを考えているうちに夏は終わってしまいそう。

※画像は昨年の波照間島の北浜。ああ八重山にもいきたい。

今日は6月最後。もう1年も半年たってしまったわけです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.28

タイのPrickly heatで涼をとる

突然暑くなったので、限りなく水に近いシャワーを浴び(通称:水浴び)たあとはPrickly heatをパタパタやる季節になった。

Prickly heatはタイに行かれる方なら結構御存じだとだと思うのだが、メントール入りのシッカロール(天花粉)の名称だ。
だいぶ前にルアンパバーンを旅行したときに同じゲストハウスにいた放浪パッカーが貸してくれて以来、タイで買い込んで帰り愛用している。
ちなみに1缶30Bぐらいだ。大手ブランドのメントール入りパウダーも見かけるが、このパッケージが一番メジャーなような気がする。
200506prickly

これが結構バカにならない。
メントール入りだから、水浴び後にぱたぱたやるとスぅーーーっとして気持ちがいいのだ。汗をかいてしまうまでしばらくのあいだ、さらさらと快適に過ごせる。
(ただメントールが痛いと感じる人もいるかもしれない。確かに顔はさけるべし。)

気に入って以来、暑い旅先へ行くときはだいたい持参する。

ただ、これが日本では見当たらない。
さすがにこんなものまで輸入はしないか。

今度行くときには補充を買って来なくてはならないが、この夏の間は持つだろうか。すでにこの暑さである。

誰か東京で売っているところを御存じでしたら、こっそり教えて下さい。

| | Comments (25) | TrackBack (0)

2005.06.26

炎天下の多摩サイ

この誰もが暑いーという中、久しぶりに多摩川ぞいをチャリ走行。
ご近所チャリしかここのところしてなかったので、軽ーく慣らそう、という気分でしたがすぐに汗だくで結構疲れました。気が付くとちんたら走ってしまう私なので、今日は足にチカラいれてそれなりの速度でいこう、という目標はあったんですが。
久しぶりだったのでそんなに距離は走りませんでしたが(いつものルートなんでだいたい45kmぐらい)、走ったあとは気分よかったな。

しかし、困ったことに、サイクルメーターが一切反応しない。(没)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

窓を開ける季節

唐突に暑くなってきた。

梅雨だったのではなかったか。
梅雨はちょっと肌寒い日があって長袖の上着が欠かせない季節ではなかったか。

東南アジアの空港に降り立ったときのような、ねっとりと熱せられた湿気がもうすでに私の周りを覆う。
扇風機をだして、部屋にいるときは窓を全開にする日々がはじまったらしい。

暑いなと思いつつも、夜になるとすーうっといい風がはいってきたりすると気分がいい。汗でTシャツを何度も変える。暑いのはあまり好きではないが、夏のこの感覚が好きでもある。

ベランダ側の窓を開け放していると、隣の家の声がよく聞こえる。

寝転がって本を読んでいたら、ベランダでなにやら物音がする。
空き缶をつぶす音だ。隣の家はごみ減量のための努力を怠らないことを知る。手伝わされているのは子供とみえ、時々「おかーさーん」と呼びかける声が聞こえる。

しばらくするとそれもやみ、木が揺れる音と通りの車の音だけが聞こえて私は本に集中する。最高の時間である。

突然そんな静寂をやぶって、母親の金切り声がする。
子供がわあーっと泣く声も聞こえる。
何を言っているかまではわからないが、まあおそらく静かにしなさいだの、〜してはいけませんっていったでしょ、宿題しなさい、といったことだろう。自分の子供のころを思い返して容易に想像しうる。

母はまた叫ぶ。声はいっそう高く、激しい。

一体何をやったんだ。
大丈夫か、子供。

自分までも怒られたような気分になってしまい、しばしビールの手も止まってしまう。

200506croatia
※写真と本文は関係無。2004年6月のクロアチア、ドゥブロブニクの高台から見た夕焼け。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.21

Musical Batonが来た(汗)

ごぶさたしております。
ははは。なんだかんだとブログに向かう時間が取れませんで、しばし停滞しておりました。

しかし、Musical Batonってのが来たのです! わたしはfukuzoさんからバトンを頂戴しました。
遅くなりましたが、では。。。

(1) * Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
→ 容量の小さい古いMac使ってますので、HDD上にはあまりないです。
ちなみに、この時代において、いまだiPodも持ってません。欲しいと思って長らくたちますが、とかく金がないです。落涙。

(2) * Song playing right now (今聞いている曲)

くるり THE WORLD IS MINE

(3) * The last CD I bought (最後に買ったCD)

Oasisの Don't Believe the Truth
最新作です。注文したとこです。前評判はよくかかれるが、今回はどうでしょう。

(4) * Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
→思い入れがあるという面では、大人になってロックを聞くようになってからのものが多い。


ゴダイゴ ベスト・アルバム ←曲は絞れません。


Radiohead "Let down" Ok Computer←Creepもいいですけど。


Oasis " Slide away" Definitely Maybe←なんでこの曲なのかは不明。


ナビィの恋 映画のサントラ


New Order The Best of New Order "Regret "  ←blue mondayと迷うが。
だろうか。。。

青春のblurが入らなかったなー レッチリも入らないよぉー ケミカルブラザーズも落選(笑)

不思議と昔のは曲名やアルバムを覚えていない。
ビートルズ、ユニコーンとかマドンナとか小沢健二、フリッパーズギターとか、ああガキにさかのぼれば、わけも分からず歌っていたアリスにオフコース。

(5) * Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5名)
→ ええーっ。5人!?

| | Comments (12) | TrackBack (2)

2005.06.19

静岡おでん旅写真(BlogPet)

きょうは、本人さんのこぼれ旅したいなぁ。
しかし静岡へアップするはずだったみたい。
しかしきょうは記録しなかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「大祖ぬるはち」が書きました。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2005.06.13

半円の虹を見た

下町の友人宅へ訪問。ちょうど屋上へ行く階段があったので勝手に登ってみたら。。。

ぐるーっと半円を描く虹だ!
200506niji-L200506niji-R2
 ※画像をつなげても、きれいに半円を描いてないのですが、、、

いままで片方の虹しか見たことがなかった。よく橋にたとえられるけど、渡れるような橋に見えたことは無かったのだ。これまで、私には。

いいものを見ることができました。
残りはこちらで。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.12

びわをいただく

なかなか食べ物ネタが途切れない。恐るべし。

長崎からかえって来る友人にびわを頼んだ。(実は先週、ワタシは長崎に行っていたのだが、買い損ねたのだ。)
すると二つ返事て、3箱を紐で縛って持って帰ってきてくれた。ありがとう。
200506biwa-1

なんでも産地まで買いにいったらしく、「白びわ」という新しい品種のも仕入れてきてくれた。ふつうのびわに比べて白っぽくて、形も少し大きい。
左が白びわ、右がふつうのびわ。
200506biwa-shiro
食べてみると、白びわは酸味があってさわやかな味。ジューシー。うまい! 

いっぱいもらってきた。びわは痛みやすいので、早く食べなければとせっせと食べているのだが、なんだかもったいないなあ、、、と減るびわを惜し気に眺めてしまう、所詮ケチなワタクシ。

200506biwa-3

ごちそうさまでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.08

静岡おでん旅写真

静岡おでん旅のこぼれ写真をFlickrにてアップしました。ここでは出さなかった焼き芋やかき氷なんかもでてきます。こちらでご覧ください。
しかし。。。ほんまに食ってばっかだ。(汗)
このブログは私の食べ物記録だったのだろうか・・・?(笑
そんなつもりじゃなかったのだが、必然的にそうなってしまったといいましょうか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.07

「ふわ」求めて競輪場。

静岡競輪場の場内のお店には、おいしいおでんがあって珍しい「ふわ」という具があるのだそうだ。さすが博士ツアーはディープである。それまでに焼き芋やカキ氷や大学芋やら食べているのだが、あくなき食欲。バスにのって競輪場を目指す。

ふわとは何ぞや。
それは牛の肺なんだそうです。臓物がおでんの具になると今回初めて知った自分。モツぐらいならまあ想像できる範囲だが、肺。これは一度も食べたこともない。

競輪場に到着したのが午後4時半ごろ。最終レースが始まるころで、売店がしまりかけているのではないか、焦って走り出す。走る走る走る・・・
200505keirinjou

Continue reading "「ふわ」求めて競輪場。"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2005.06.02

翌日もおでん

翌日の朝は、回転寿司を食べて「大やきいも」へ。この店は焼き芋とおでんが食べられるお店なのだ。
ちょうどお昼過ぎ。家族が真ん中の座敷でお昼ご飯中だった。たけのこご飯に、おでん、やきいも。普段の生活に密着している店という感じだ。

われわれもまずは思い思いのおでん。
おでんはこんな鍋に入っており、好きなのを取り出す。
200505oyakiimo_oden

そしてだし粉をかけて、、、、
200505oyakiimo_oden3

Continue reading "翌日もおでん"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.01

静岡おでん

楽しいメンメンと静岡におでんを食べに行ってきた。なんで? 静岡までおでん?・・・静岡おでんとは。

かねてより伝え聞いていたこと。
・静岡の人は、放課後におでん屋でおやつにおでんとカキ氷なんかををたべるのが普通だという。
・なにかあると家庭でもおでんを作るのが普通だという。
・おでんの具は、牛スジもあるしモツもあるし、じゃがいももある。
・黒はんぺんという、愛媛のじゃこ天がマイルドになったみたいな半月型の練りものがあるらしい。
・こんにゃくは糸こんにゃくらしい。
・最大の特長。おでんには「だし粉」というふりかけをかけてたべるのが鉄則。
 ・・・おでんといえども、どうもワタシが知っているおでんとは違う。
ぜひ食べに行ってみたいと、かねてより思っていたところで、楽しいメンメンと静岡おでんの博士に引率いただくことになり、楽しい旅となった。どうもありがとう。

ワタシは遅れて参戦したため、みんなは青葉横丁というおでん店ストリートをすでに堪能済み。ワタシには1件目のおでんやが夜1時近く。
戦後すぐからあるような、おばあちゃんがやっているちいさなおでんや。
200505oden_chie

そしてこれがだし粉だ。

Continue reading "静岡おでん"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »