« June 2005 | Main | August 2005 »

July 2005

2005.07.31

今週末はFuji Rock Fes!(BlogPet)

7月末、本人さんは、湯沢で広い確実を復活しなかったよ
早くも7月末
今年もFujiRockFes.を見に湯沢まで行ってきます
今回は1日券復活ということですが、湯沢で広い確実を復活しなかったよ
早くも7月末、本人さんは、湯沢で雨具一式を復活しなかったの?
と、本人さんが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「大祖ぬるはち」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.28

今週末はFuji Rock Fes!

早くも7月末。今年もFuji Rock Fes.を見に湯沢まで行ってきます。
今回は1日券復活ということですが、ワタシは日曜だけ。土曜のラインナップもすごいですが、日曜もNewOrder、Primal Scream、くるり、Mobyといったあたりの大物ぞろいです。

ただ雨がふる事が確実・・・テント泊には困ります。仕方ない。雨具一式で参ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.26

オトナっていいなあ

ここ数年、「オトナでよかった!」と思うことがある。

だいたい飲み食いの場であったりするわけなのだが、再度実感したのは先日の休みに、大勢でおいしいと噂の店に焼肉を食べに行ったときのこと。
集まった人は最近仲良くしていただいている方々だが、どの方も食に対してなみなみならぬご意見と執着をお持ち(?)のオトナたちだ。
例えば。
「ハラミが終わった、上ハラミならあります」
と言われると、周りに確認せずとも即座にみんなで「上で!」と答えられる。
なにしろ、今日は焼肉を食べにきたのだから!

200507yakiniku

あまり焼肉は食べないので種類については詳しくないのだが、見るからにうまそうなカルビやら、店独特の豚の軟骨(ちいさく叩いてあり、焼くと花が開いたようになる)やら、タン、トントロ、、、。
豪勢に豪華な肉の数々を焼きながら、「オトナって楽しいよ〜〜!」と思った。

もちろん韓国焼肉だからキムチやナムル、チャプチェにチヂミも食べた。
もちろんビールもマッコリもJINROも飲んだ。

そりゃあオトナでも仕事がないときは金に困ったりするが、今現在自分に仕事があって、ここぞという時に細かいことを気にせず好きなものを食べられるお金を、自分で稼いで持っているというのは、実に楽しいことではないか!

若いのときのように、お金が無いから値段優先でなくていい。実は私、学生の頃から男の子とどっか食べにいくときファミレスに連れて行かれた場合、「んー、ファミレスのメシには金を払いたくないなあ、だったら吉野家かそのへんの食堂でも…」などと思っていた輩。(うわっ、実に嫌な奴でスイマセン)

でも、オトナになって一緒に遊んだり食べる人は、大食いで酒のみだったりと似ているのでもっと楽しい。食の好みや食べる量などが似ている人だと一緒に食べていても気兼ねがない。
オトナならではの楽しみを実感してしまった今。
もっともっといろいろ食って飲んで遊びに行きたいと思うワタクシなのでした。
ますます負け犬路線(笑)

※いつもはこんな贅沢してません。念のため。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2005.07.24

ジャムを煮倒す

先日の休み。その前から「何か煮たい、ぐつぐつ煮たい」と思っていた。なぜかは知らないが、時折こういう気分になること、ありませんか?
ちょうどジャムの季節。ちょうど帰り道にアンズを見つけてしまい、夜遅くにも関わらず作りはじめた。(スタート22時)
200507anzu
材料はアンズと砂糖だけ。

しかし、その日はとても暑い日だった。
煮はじめたと同時に立てこもる熱気に後悔したが既に遅し。途中から焦がさないように汗だくになりながらせっせと混ぜ、ビールを2本ほど飲みながら作り上げた。
暑かった。
この熱気と戦い、混ぜる感覚はまさに煮倒すという感覚。

200507jam

思ったよりきれいなオレンジ色にできあがった。
ちょっと煮詰め過ぎたので固めであったのと、砂糖を目分量で入れたら少し多かったようなのが失敗かな。でもいいのです。日々ヨーグルトに入れ、消化中。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

2005.07.23

Prickly Heatを頂戴する

ブログでつながりのあるsnuffieさんからシンガポール直輸入のPrickly heatをいただいた。
ほんとうにありがとうございました!

200507pricklyheat2

うちのが右ボトル、いただいたのが大きな左ボトル。
うちのはこれで5年近く持っているので、単純計算すると10年分ぐらいはありそうです。(笑

私のタイで買ったものはタイ語と英語でしか書いてなかったのですが、シンガポール版は中国語が加わっていました。地域によって違うのかも。

たくさんいただいたので興味津々な知人友人にビニールで小分けしようかなと思っています。めちゃめちゃ怪しい取り引きですが。(笑

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.07.20

しろくまの問題

200507shirokuma
かき氷「白熊」。
夏の夜にこれをぱくつくのも楽しみだ。夏はアイスというよりかき氷のほうが味覚にしっくりくるのでハーゲンダッツなんかより断然「白熊」。
これは九州は丸永製菓の製品。白熊のほかに「あいすまんじゅう」というおいしいアイスブランドもありこちらは冬のオヤツにカイシャで食べたりしている。私の周囲にも熱烈な愛好家がいらっしゃる。
(「餅入りあいすまんじゅう」もラインナップに追加されたらしいが東京の我が輩テリトリーではまだ発見していない。発見したらチャリこいで行きます)

さて、先日自宅近くの酒屋のアイスケースで発見したのが、右「白くま」。
「白くま・パフェ」、私が思ったのは・・・
<白熊のかき氷の上に、ソフトバニラアイスが乗っている…まぜまぜしながら食べるものにちがいない、うまそうだっ即買えっ>と。
しかし、ひとくち。「ん。ソフトアイスだけかよ…(凹む)」

この感覚、そうだな、夏目房之介が「学問」で書いていたが、昔ながらの硬派「かき氷」と軟派な「フラッペ」みたいな印象だ。
「白熊」のかき氷感を求め過ぎ、罪も無いソフトアイスの「白くま」に対して「このへなちょこがっ」と当るワタクシ。
結局、「白くま」は「白熊」とまぜまぜしながら食べるということで落ち着きました。食感的には面白いのだけど、これだとちょっと甘すぎるな…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.18

写真展2つへ

恵比寿の東京都写真美術館で始まっている「世界報道写真展2005」と「アンコールと生きる」を見に行ってきた。
「世界報道写真展2005」、今年の大賞は「スマトラ沖地震による津波で親族を亡くし嘆き悲しむ女性」
新聞にも出ていたりしたので、御存じの方も多いだろう。
(自分はスリランカだと思っていたが、インドでの写真だった)

私の場合。
これを最初に見た時、女性の悲しさや悲痛さから見えるこの災害の悲惨さよりも先に、一瞬たりとも絵としてのよさを感じてしまった自分が非常に恥ずかしく、思えたのでした。
本当のところをいうと。情けないですが。
しかし、ああこれが、大賞なのかと。
実際に写真展まで足を運び大判の写真を見ても、この写真は女性の悲しさや悲痛さが薄いような気がした。現場感覚が持てないように思えてならない。なんといえばいいのか、徹頭徹尾冷徹というのか、その場にいないような感覚がする。

他の写真、北オセチアの学校占拠テロや、アフリカのコートジボワールで肉の塊を奪っていこうとする少年、スーダンの女性の写真などは、その裏にある社会的な問題を考えさせられる報道写真として受け入れられるのだが。。。

一方、「アンコールと生きる」。
バイヨンの顔全てを撮影したBAKU斉藤氏の写真が展示されている。
廃虚にスポアンと地元の人が呼ぶ、遺跡を覆う樹木を中心とした写真が多い。
タ・プローム、プリアカン、アンコールから離れたバンテアイチュマールなどの写真が大きなスケールで展示されており迫力あった。バイヨンの顔、よかった。
いつ撮影かがわかるともっとよかったかなと。

またアンコールワットに行きたくなってしまったな。ああ、近いうちの乾季に行きたいものだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.07.16

朝顔

200507nagasaki_asagao
夏になったようです。

入谷の朝顔市には一度も行ったことがありませんが、いつか行ってみたいところの一つ。
しかし、朝行かないと咲いてないのだろうねえ。。。
夕方行ってもしぼんだ状態しか楽しめないのか?
じゃあ何を基準に買えばよいのか? 行って確かめるしかないな。

蒸し暑かった昨日の夜、友人らとビールにありついた瞬間は実に幸せでした。
いい季節です。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2005.07.12

巷で話題の「輪っか」

久々の連日更新(笑)

黄色のlivestrongはふだんつけているのだが、最近白い輪も増えてきた。
以前はアメリカ人が着てそうなTシャツで「森林破壊をとめよう!」などというメッセージを伝えたりしていたのだと思うが、黄色と白の輪によって今後はこの輪っかという手段も増えていきそうだ。
Tシャツは自分のカッコのポリシーと合わなかったりしますが、輪っかはそのようなことがないですしね。

200507livestrong
ちなみに黄は癌撲滅。白は貧困撲滅。
では、原色系次の輪っかのメッセージは何になるんだろうか?
赤。
青。
緑。
(もうあるのかもしれないけれど)
…よくよく考えたら目立つ色ってあんまりない。早いもん勝ちかもしれない。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.07.11

エアラインからの唐突な案内

旅に出かける割には、マイルという言葉に縁遠い。
結局なんだかんだと違うグループに乗るし、そんなグループ関係ない安い航空会社、アエロフロートロシア国際航空やビーマンバングラデシュ航空、そんなところを優先したりするからだ。
そんなこんなで3枚保有。日本2社と、かつて利用したことがあるAFのカードを持っている。全然溜まらない。貯まるわけがないのだ。

なのだが、エールフランスのプログラムは提携会社でも目減りせず、ついでにマイルが自動延長されるので割と自分の中では貯めようと心掛けているカードの一つ。
200507airfrance
そんなエアフラから、[flying blue]というカードが手元にとどいた。

「このたびは、〜フライングブルーをご案内申し上げます。〜新しいカードを慎んでお送りさせていただきます」
とある。
KLMとの提携により、これまでのエールフランスのプログラムであった「フリークエンスプラス」がこちらに移行されるのだろうと推測されるのだが、「これまであったマイルを移行いたします」という一文も見当たらない。今までのカードはどうすりゃいいの? 一切説明なし。

こういう案内についてはいつも思うのだけど、肝心な説明をきちんとしてほしい。
その点、日系のほうは一度カードを紛失して変えたりしたのだが「全てマイルは移行しました。次回ご搭乗のチケットレスに関しても問題ありません」と詳細な説明を同封してくれていた。
その点、このエアラインからの案内はいつもちょっと唐突なのですよね。日本語は苦手なのかもしれないのだけれど、サービスの基本は押さえてほしいなと思った次第です。まあ、マイルなんてちびっとしか貯まってませんので弱小顧客のたわごとですがね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.10

長崎の柴犬(BlogPet)

本人さんで、柴犬みたいな散歩したの?
そして沖縄へ散歩した?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「大祖ぬるはち」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.09

長崎の柴犬

6月の天気のいい日曜日。長崎の湾沿いの広い公園を朝から散歩をした。
沖縄の人のように真っ黒に日焼けした釣り人のおじさんたちが座り込み、釣り糸をたらしている。そして、もう既に酔っていた。

その車座の横に、 物静かにたたずむ柴犬のゴロー。
まことに愛い奴だ。思わずかけよってなでてあいさつした。個人的に柴犬が一番好きなのだ。
200507nagasaki_shiba
柴犬のまぶしくて目を細める顔がひじょうにかわいらしい。

実は今朝も公園の川沿いを散歩しつつ、柴犬欲しい欲しい病を再発した。なんせ柴犬がやたらと目につき、真にかわいらしい。朝から、やられた。

200507nagasaki_shiba2
しかしこいつは、一体どのおっちゃんの犬かわからなかった。
別にだれの犬でもいいのだろうが。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.07.05

西瓜の発音

西瓜を食べた。
何年ぶりだろう。自分では持て余すのでほとんど買ったことが無いが、知人のお宅に進物の西瓜があるというので食べにわざわざお邪魔した。
200507suica
この西瓜は皮がうすくて結構実がでかい。1/3玉ぐらい頂くと結構おなかががぶがぶになった。

ところで西瓜と文章で書くとあまり違和感がないのだが、滅多に食べない、滅多に話題に上らない西瓜の話をしようとして、ふと西瓜の正しい発音ってなんだっただろうか、と考えた。
首都圏ではJRのICカード「suica」が出て以来、スイカといえばsuica。
スにアクセントがあるsuicaばかり発音していたので、西瓜という平たんな発音をすると「こうだったっけか?」と多少戸惑った。

何度か一人で声に出してみて、ああこうか、と思い出したのだけれど。

200507suica2

ごちそうさまでした。

ところで。お知らせです。
本人。もすっかり忘れていたのですが、このブログいつの間にか1年経過しておりました。早いもので。
ごひいきに感謝多謝。ほそぼそですが続けて参りますのでどうぞよろしく。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »