« 長崎の柴犬(BlogPet) | Main | 巷で話題の「輪っか」 »

2005.07.11

エアラインからの唐突な案内

旅に出かける割には、マイルという言葉に縁遠い。
結局なんだかんだと違うグループに乗るし、そんなグループ関係ない安い航空会社、アエロフロートロシア国際航空やビーマンバングラデシュ航空、そんなところを優先したりするからだ。
そんなこんなで3枚保有。日本2社と、かつて利用したことがあるAFのカードを持っている。全然溜まらない。貯まるわけがないのだ。

なのだが、エールフランスのプログラムは提携会社でも目減りせず、ついでにマイルが自動延長されるので割と自分の中では貯めようと心掛けているカードの一つ。
200507airfrance
そんなエアフラから、[flying blue]というカードが手元にとどいた。

「このたびは、〜フライングブルーをご案内申し上げます。〜新しいカードを慎んでお送りさせていただきます」
とある。
KLMとの提携により、これまでのエールフランスのプログラムであった「フリークエンスプラス」がこちらに移行されるのだろうと推測されるのだが、「これまであったマイルを移行いたします」という一文も見当たらない。今までのカードはどうすりゃいいの? 一切説明なし。

こういう案内についてはいつも思うのだけど、肝心な説明をきちんとしてほしい。
その点、日系のほうは一度カードを紛失して変えたりしたのだが「全てマイルは移行しました。次回ご搭乗のチケットレスに関しても問題ありません」と詳細な説明を同封してくれていた。
その点、このエアラインからの案内はいつもちょっと唐突なのですよね。日本語は苦手なのかもしれないのだけれど、サービスの基本は押さえてほしいなと思った次第です。まあ、マイルなんてちびっとしか貯まってませんので弱小顧客のたわごとですがね。

|

« 長崎の柴犬(BlogPet) | Main | 巷で話題の「輪っか」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42301/4899000

Listed below are links to weblogs that reference エアラインからの唐突な案内:

« 長崎の柴犬(BlogPet) | Main | 巷で話題の「輪っか」 »