« 暑さ寒さも彼岸まで、季節考 | Main | 忘れがたい長い一日 --リラ僧院--No.2 »

2005.09.29

最初の東欧--ソフィア--




ロシアを経由してアエロフロートでブルガリアのソフィアに降り立ったのは数年前のクリスマスイブだった。

 София

キリル語がまったく読めない。これは[sofia]のキリル文字表記なのだが、全くわかったもんじゃない。
まず空港でそれにうろたえた。別にタイ語だって他の言語だって読めないのだが、心配にはなったことがない。
降り立ったとたんに「まったくわからない」という気分になったのはこれが初めてだった。
不安にかられながら、空港から市内へのバスに乗ったところでぐるっと取り囲まれ、手に持っていた300円ぐらいを巻き上げられた。つまりカツ上げにあっちまったわけである。
ちょうど人が乗ってきて集団はどっかに消えてしまったが。
しょっぱなから悪いスタート。

さらに乗ったバスは市内のどこかで止まってしまった。あいにくソフィアは積雪?十センチ。道の両脇には雪がうずたかく積もっている間を、ザックを担いで歩いてホステルまで行く羽目になった。「トローリーバス」を横目に見て社会主義国に来たことを実感しつつ、なれない雪道をずぶずぶと歩いた。

初めて見る東欧の街は、雪に覆われて薄暗く、町並みも教会を除けば社会主義の遺物を感じさせる無骨なたてものが多く、華やかな看板といったものはほとんどみかけられない地味なところだった。
唯一、街で目立っていたのがこの壁面いっぱいの「西側のかおりのする」チュッパチャップス広告。この広告と街のアンバランスさは西側と東側という10年前に崩壊した言葉を思い出させるのに十分だった。

200509sofia

ソフィアはどこか田舎くさい土臭さ、懐かしさを覚えるような街だった。新しい近代的なビルや乗り物があまりなかったからかもしれない。黒いコートに身を包んだ人たちは恥ずかしがりやで「ダー」という。野菜は種類が少ない。トマトときゅうりとオレンジ、バナナ。生チーズはカッテージチーズみたいなのがおいしい。それが入ったパイも蜂蜜がかかっていてとてもおいしい。
治安も悪いようだが、私はこの街のたたずまいが意外に気に入ってしまった。ソフィアの街を、氷ですべりながらも散歩して過ごした。

しかし、あいにくのクリスマスイブ。レストランはどこも貸し切り・休み。仕方なくクリスマスイブ、ブルガリアくんだりまできて中華料理屋(ここかしこにある)にて食事をする羽目に陥った。
中国語がイマイチ通じないブルガリア在住の中国人たちは箸をあまりつかっていなかった。

・・・旅の思い出をちょっとづつ。

|

« 暑さ寒さも彼岸まで、季節考 | Main | 忘れがたい長い一日 --リラ僧院--No.2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42301/6162421

Listed below are links to weblogs that reference 最初の東欧--ソフィア--:

« 暑さ寒さも彼岸まで、季節考 | Main | 忘れがたい長い一日 --リラ僧院--No.2 »