« ブリヂストン美術館 | Main | なくて七癖 »

2005.09.17

夏を通り越して冬

今年は夏休みがとれない環境にあったので、もう冬に頭は飛んでいる。

昨年行けなかったので、スリランカに行くことにしようかと思っていたのだが。
ここに来て迷いが。
ラオス→カンボジア→タイというルートも公式ルートになる前に行ってしまったほうが楽しそうでもあるから。昨年と同じところにいくのもまたつまらないんだけど。
そこで逡巡。

時代や政情や情報の多さ少なさでそのルートが大丈夫かどうか、そして魅力的かどうかはつど変わって行く。ラオスとカンボジア抜けは多くの旅人が現時点で通りながらも、どこか魅力的に感じるのはなぜだろう。

行き先決定については最終的には「自分の気分と合致するかどうか」が旅の原則だ。
どんなにエキサイティングな街だといわれてもベルリンにはあまり行く気がないのはいまはまだ気分じゃないからで、スバラシイといわれていてもハワイに行く気にならない(笑)のとか。

そんなこんなでいろいろ調べていたのですが、嗚呼会社なんか辞めて2か月ぐらいリフレッシュしてきたいなあああああああ(あがずーっと続く)と思ってふとんの上でのたうち回ってしまった。

そしたらだな、多分最初にタイ行ってしばしノンビリしたあとでヨーロッパに飛びます。そして東欧を歩くのだ。クロアチアに入りボスニア、セルビアを通ってブルガリアのソフィアに抜ける。
などとこの本、「東欧・旅の雑学ノート―腹立ちてやがて哀しき社会主義」(玉村 豊男)など読み返していたのですっかり頭が長旅東欧に。

嗚呼。さてどうしようかな。東欧よりも先に考えなくてはならない年末計画。

↓この本です。活字になってしまっていますが、原文ノートで読んでみたい。
腹をたてながら、トラブルに憤慨しながら、うまいものを探した喜びを感じたり、自分の観点でこの地域を考えたりしながら旅が続く。とても共感できる。時代はちょっと古いのですが。
私も記憶のために、ちゃんと旅日記はつけないと。

|

« ブリヂストン美術館 | Main | なくて七癖 »

Comments

八重山にしときなさい。

Posted by: いさと | 2005.09.18 at 19:08

いさとさん、年初も八重山・・・?!

うーん。八重山に行けないまま夏が終わったんだよぉ。
いま知り合いが行ってるんだよぉ。しかもその人二度目だよ、この夏。

いいのだ。グレートバカンスつかんだときは八重山も行くから(笑。いったいそりゃいつだ。

とはいえアンコールワットは何度みてもいいし、かといって仏像遺跡を目論む私としてはやっぱりスリランカは外せないのだ。
アンコールワット、写真とるのもたのしいですよ。
今度いくならHOLGAとか持って行ってみたいです。

Posted by: 本人です | 2005.09.19 at 01:29

「公式ルート」とゆいますと・・・??

Posted by: えひ山 | 2005.09.22 at 22:18

ああ、言葉が足りてませんね。すいません。

国境はいろいろあるけれど、ラオス→カンボジアの道はまだ公式には開いていないんですね。つまり非公式なんだけど、いつの間にか外国人も通れるようになっている。ただ非公式なので突然しまったりもしますが。

Posted by: 本人です | 2005.09.23 at 23:08

にゃるほど。そういうところもあるのですね。。。

Posted by: えひ山 | 2005.09.23 at 23:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42301/5985687

Listed below are links to weblogs that reference 夏を通り越して冬:

« ブリヂストン美術館 | Main | なくて七癖 »