« 夏を通り越して冬 | Main | 暑さ寒さも彼岸まで、季節考 »

2005.09.24

なくて七癖

連休なのでみんなどっかに出かけているんだろうな。雨ということもあり、家でひさびさに掃除なんかをしている連休。

さて。なくて七癖というように、人はいろんな癖がある。
手のひらでこめかみを触る人とか、無意識なのに舌がぺろっと出てくる人とか(蛇のようだ)。
私はけっこう癖が多いと思うが、子どもの頃に矯正した癖が2つある。

ひとつは、指をなめること。

幼稚園を出る頃までずっと指をなめていた。大人からやめろやめろといわれたが、やめられなかった。
お気に入りは中指と人さし指。シワシワになるぐらいなめてた。どこか欲求不満だったのかもしれない。
なのになんで辞めたのか。

これははっきり覚えている。

なめすぎて指が腫れてきたんである。
たまたま傷があったのか化膿してぷっくりふくれた(んだと思う)。
いまでも覚えているが、子供心にびっくりした。
それが中指だったのでしばらくは別の指をなめたりしていたのだが、恐くなってぴったりやめた。

もうひとつは、靴を左右逆に履くこと。(これは癖なのかよくわからないが。)

なんとなくガニマタ気分になる。体が向く方向と別の方向にやんわり向いてる感覚が面白かったので、よく左右逆にはいていた。外靴だけでなく上履きも。
大人が「逆よ」といってわざわざ履き直させてくれたりしたもんだが、それがイヤで仕方がなかった。私は好きで履いているんだ、じゃまするな、、、と。

さすがに小学校に上がってからは叱られたので、おおっぴらにはやらなくなった。
しかし、今もたまに左右逆にサンダルなんかをはいてみる。足が変な方向に向かされるのがちょっと気持ちよく、ゴミだしにそのまま行ってみたりする。

|

« 夏を通り越して冬 | Main | 暑さ寒さも彼岸まで、季節考 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42301/6099355

Listed below are links to weblogs that reference なくて七癖:

« 夏を通り越して冬 | Main | 暑さ寒さも彼岸まで、季節考 »