« 引き際の問題。食べ収めはいつにするか。 | Main | ブルガリアの田舎街--東欧旅No.3-- »

2005.10.10

ご飯によくあうカレー

石垣島からお知り合いが東京にやってきた。
以前一緒に会った面々とカレーで歓迎することになり、板橋区役所近くにあるバングラディシュカレーの「ルチ」に集まった。
この店は、私が最近親しくさせていただいている女性がご贔屓にされているお店で、1か月半ほど前にもランチで行った。スパイスもしっかりしているが角のない非常にまろやかなカレーだったのが印象的だった。その時、ナンで頼んでしまったのだが、常連さんは「ご飯がいいよ、ご飯が合うカレーだよ」と力説しておられた。

私はカレーが好きだが、詳しくない。せいぜい北と南では違いがあるといった程度だ。しかし、旅行話などを聞くと「バングラのカレーはうまかった」という人が多い。ここのルチのカレーを食べながらその話は本当なのかもしれないと思うようになった。
ここのカレーは劇的な辛味で勝負するというのではなく、地元の人、地域のお客さんの日常食カレーで食べ飽きない味だ。さらにナンではなく、米にじつによく合う。優しい味で、刺激はすくないがすーっと体に合う味。
疲れた旅先でここのダルカレーに出会ったら、それこそ「ああなんてメシの旨い国に来たんだろう」と感動しそうだ。

200510bangra-curry-rice
スペシャルマトンとライス。
200510curry-dal
ダルカレーと魚カレー。
ダルはライスなくても、そのままでも飲めるまろやかな味だ。でもカレーの味はしっかり。そして、うまい。
他に

前菜のバングラサラダ。
200510bangra-salad
青とうがらしが効きます。箸休めにもいい。

200510bangra
シンガラ。手のかかる料理だからか、その日は6個限定。中はほっくりとしたジャガイモだ。ちゃんとたべると胃にどっしりとくるため後のカレーも考えると、適量はひとり半分だろうか?

おいしいカレーを食べつつ、気の合う人たち、食欲が一致する人たち(笑)と大笑いしながらの宴であった。みんな、楽しかった。ありがとう。
ご近所に一件あれば重宝しそうな店だ。板橋住人の常連がつくのもよくわかる。

|

« 引き際の問題。食べ収めはいつにするか。 | Main | ブルガリアの田舎街--東欧旅No.3-- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42301/6289041

Listed below are links to weblogs that reference ご飯によくあうカレー:

« 引き際の問題。食べ収めはいつにするか。 | Main | ブルガリアの田舎街--東欧旅No.3-- »