« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

2005.12.31

歳末の街

今年も残すところあとわずか。
毎年、旅行に出てしまっていたので日本でのお正月は久しぶりだ。
今日はイタバシの友人宅の帰りに仲宿商店街をぶらぶら歩き、歳末らしいしめ縄やお飾りの出店を見て新鮮な気分になった。
200512omochi
鏡もちが並んでいる姿はとてもユーモラスだ。
そういえば、子どもの頃はお餅やさんに大みそかに届けてもらったりしていましたねえ。大きな鏡もちを食べたくて、ぺたぺた触りたくて、しょうがなかった。数日たつとひび割れてきたりするのが、かなしくなったもんだ。

ちなみに仲宿商店街は長くて非常に面白い。物価も安いし、何よりも生活に根ざした商店街。
角にある鳥新という鶏肉専門店の軒先で焼き鳥をつまみぐい。
200512yakitori

今年はいろいろなことがあった。
いろんな人と知り合った中で、非常に気の合う人や親しくなった人も増えて、楽しい時間をご一緒させていただいた。また来年もよろしく。
ブログを通じても多くの人といろんなことを語れたこと、本当にありがとうございました。なかなか更新できないときもありましたが、来ていただいたこと深く感謝しています。来年もいろんなことをお話したり、お会いしたりしたいものです。
そして自分にも一つ転機が。詳細は年明けになりますが、これからまた心機一転がんばっていきたい。
がんばらなくてはね。

では皆さん、よいお年を!

| | Comments (2)

2005.12.28

旅先の新年--No.5--

「みんな今頃、何をしているんだろう。げんきでいるだろうか。幸せでいるだろうか。生きて、いるだろうか。
 人生の中での一瞬のすれ違いだったけれど、どの人との片言の会話もいまなお記憶に刻まれている。くっきりと、刻まれているのである。」(川上弘美「此処 彼処」)

もうすぐ新年。
以前、旅先のクリスマスについては書いた。今回は新年について。

西洋暦の旅先で1月1日は結構厄介だ。暦が違うと1月1日はつつがなくバスもタクシーも走っていてくれて、店も開いていたりすることが多いのだが、1月1日は新年はきっちり「国全体徹底的にホリデー」なところもある。
日数の限られたサラリーマンバックパッカーにとっては致命的。バスは休みだわ、店は全然あいてないわ、ごはんが食べられないわ、ついでに雪なんか降った日にはどうしょうもないわ、である。

そんな年末年始になぜか行ってしまった東欧旅。そのとき新年はルーマニアのシギショアラで迎えた。トランシルヴァニア地方にあるドイツ風な町並みが美しい小さな小さな町だ。また大雪。

ここでは若いアメリカ人とルーマニア人がやっているホステルに滞在した。客はわたしの他にドイツ在住のかわいい姉弟。二人は私が到着した日、夜行電車でハンガリー方面に立つことになっておりみんなでにぎにぎしく玄関で別れたのだが、乗り遅れて出戻り、大げんか。(笑) 結局ワタシは彼等と新年を迎えた。

大晦日。スタッフのルーマニア人が家のパーティーの後、惣菜とワインを持ってきてくれた。テリーヌみたいなもの、サラダ、ゆで卵の惣菜、東欧でよく見かけるひき肉だんごなどが大皿に乗っている。
「ママが作ったから食べてよ。これはうちで造ったワイン」
手作りの惣菜をパンとたべながら飲む自家製ワインは、若く果実の味。ジュースみたいな軽さと飲みやすさでついつい進んでしまう。どぶろくみたいなもんか。
電車の中でも、鞄からワインボトルを出して自家製ワインをラッパ飲みしている人を見かけたり、「ウチの母がつくったんですよ」などと勧められたりもしたのでこの国では普通のことなのだろう。

「夜はみんなで出かけよう。町の人がカテドラルの近くに集まって新年を迎えるから」
夜11時。寒い。大粒の雪が降るなかスタッフがワインの瓶を2本持ち、私含め5人で高台にあるカセドラルへ歩く。町の人がどんどん歩いて同じ方向へ向かっている。0時10分前になると近隣のレストランからもどんどん人が出てきて小さな広場は満員になった。
グループごとに正月のお屠蘇のようにワインやビールを回しのみしている。私たちも5人でワインを回しのみ。そして飲み終わった瓶は男性が思いっきり地面に叩き付けて割るのだ。(結構危ない)
雪が降りしきる中、カウントダウンを迎えた。ドミトリーの旅人姉弟や、スタッフや、街の人たちと抱き合って新年を祝った。

2005-2

もう会うはずもない人たちと迎えた新年を、ときどき思い出す。
くっきりと刻まれている。いままで旅先で何度か新年を迎えたが、一番新年らしい新年を迎えたのはこのルーマニアでだったと思う。

2005romania
大雪の一夜開けて元旦のシギショアラ。快晴だった。

東欧旅、おわり。

| | Comments (12)

2005.12.27

1年前

1年前、ちょうどスリランカ旅行を目前に控えガイドブック読んだりフィルム買ったりしていた時。津波が起きた。
メディアから断片的な情報を得ているうちは、スリランカは遠いし、と安易に構えていたが徐々にこれは大災害なんじゃないかと思いはじめた。遠く離れたスリランカが、と思っていたのだが津波の脅威。
結局、旅行は諦めて30日からタイへ行った。タイの売店で新聞を見ていたら生々しい写真が掲載され、これが現実なのかと言葉もわからないが見つめた。カオサンでは、行方不明の外国人旅行者の写真が張られ、亡くなって発見された人は十字のマークに変わった。端的に言って、恐かった。
この1年は天災で片付けられないような災害が多かった。報道もとだえ忘れがちだが、援助を必要としている人はまだまだ多い。忘れないことが大事だなと思う次第。

| | Comments (3)

2005.12.25

クリスマス

メリークリスマス!
世の中のお子さまは喜びの朝をお迎えになったのではないでしょうか。ああうらやましいぜ、子どもたちよ。無償のプレゼント得るなんて。

さて、昨日のこと。自分の心に「そろそろ買ったらええやん」というサンタさんから(?)のお告げが舞い込みました。早速人でごったがえすヨドバシで買ってきたのは、iPod 30GB ホワイト。
200512ipod
(INFOBARの画像なので荒い)
遂に買った。考えはじめて早2年経て。悠長すぎ。
いまこれを書いているMacは古く対応してないので、昨年買ったVAIO-T(なのにもう調子悪い)で接続。・・・結局、新しいMacが欲しくなってしまいそうだ。

他に、カレンダー、手帳、年賀状の用紙(出すのは年明けか)そんなもんを多々買い込みました。歳末ですな。
そして年末年始は7年ぶりに、旅行ではなく中国地方の実家で過ごす予定。
そういえば、5月にこんなことしに帰ってましたが、今回は自転車ナシです。
金券ショップで買う新幹線チケットが年末年始に使えないのを知って驚きました。・・・高い。そして、指定席取れないのにさらに愕然。

| | Comments (3)

2005.12.19

神田のディープ中華で

忙しかったが食べて飲む余裕は確保。
ちょっと早い忘年会は神田のディープ中華で水餃子。つるっつるっといくらでもはいりそうな羊入りの餃子。独特の風味、癇をした紹興酒で体があたたまる。他にその日のおすすめにあった、「羊のクミン炒め」も最高。
また食べに来ようと思った味だった。

200512gyoza
ぎゅうぎゅうづめの中華屋2階で、親しい人たちとバクバク。
来年もまたよろしく。

年1回の健康診断で今年もまた「成長」の軌跡をつけましたが、γ-GTPなんかはフツーの値です。ただ、見えないところにある贅肉というやつがですね。問題かと。(笑)

| | Comments (0)

2005.12.18

旅の妄想

どこかへ行きたい。
旅に出る予定であったが、ちょっと予定が変わって延期になった。

そのため、ふと、いますぐどこかへいきたいなーという気分にとらわれてしまった。寒いので東南アジア系が望ましい。と思っていたら、昨日はこの前の年末に行ったラオス風景がフラッシュバック。ラオスのドンデッドの何もない田舎道が。たまにこういうことがある。

ラオスは北部もよかったけれど、南部もよかった。昨年行ったシーパンドンのあたりは何もないが、本とビアラオ、短い日数ではあったが実に「バカンス」という気分を味わえた。また行きたいが、行くときはその後カンボジアに抜けるルートかな。ルートはもう描いてある。

実は、旅の他に「妄想旅ルートを書き留める」のもすきなのだ。
適当な地図を描いたり、土地名を書いたりという、単なる落書きみたいなもんだが。飲みながらのときもあるし、電車に乗ってる時に書いたりもする。11月手帳に書いたのは2つ。

「アンダルシア~モロッコ北部」
スペイン南部に唐突に行きたくなったため。大学卒業直前にこのあたりはぶらぶらしたのだが。
グラナダもいいが、コルドバのメスキータ、ユダヤ街への妄想~から始まりついでにルートを考えてみた。ついでに以前行き損ねたモロッコ北部のシャウエン(モロッコ)も組み合わせるとなかなか。INはカサブランカ、OUTをセビリア。てんこもり。

「ポルトガル北部」
ポルトから電車にのってドゥロ川沿いのスペイン側の内陸地方へ進んでみたいという思いつきから。ひたすら電車に乗り、タイル絵をみて、川を見て、夜はワイン飲んで寝る。リスボンに行けないのは惜しい。でも最後はスペイン北部に抜けて、ラ・コルーニャあたりから飛行機で。なんだかんだとこれも、てんこもり。

今回は行った事のあるヨーロッパ近辺。記憶と頭の地図を元に手帳に書いてみた。
他にストックもあって、「バルカンからトルコへ」なども。(これはあと数年の間に何回かにわけて実現させたいと思っている)
もちろん予定していたスリランカは行きたいけれど、チュニジアからマルタ、もしくはシシリーに行くのもいいなあ。
もちろんこういったメモの中から過去には実現したのもあるが、基本的に全く知らないところを妄想で書いていることが多い。
すべてに共通していえるように私は欲張りすぎる傾向が。(笑

せっぱつまると、手っとり早く過去行ったところを思い出しながら旅の妄想に逃げてみる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.12.16

もうすぐクリスマス

今日は家にいた。学校から帰ってきた子どもだろうか、ピアノを練習する音が聞こえてきた。
クリスマスソング。
諸事忙しくて気が付いてなかったけれど、もうすぐクリスマスなんだと気が付いた。

子どもの頃はクリスマスが楽しかった。
シーズンになるとサンタ関連の絵本をやたら取りだした。いろいろあったなあ。弟が好きだったのは「さむがりやのサンタ」だった。
数日前から靴下を吊るし、チラシの裏に書いた「おねがい」を冷蔵庫のよこに貼付け、前の夜は「さんたさんへ」手紙を書いた。
2歳下の弟と、「みかんも置いておこうや」「サンタはガイジンじゃけんみかんなんか食べんわいー」などと言ったこともあった。

うちは弟が年離れていたので、私が中学高校のころは奴のためのクリスマスを家族総出で演出していた。
サンタが姉と兄には来ないと奴が不審に思うので、わたしらもプレゼントが必要となる。
私は母から3千円ぐらいもらい、適当に自分のためのプレゼントを買いに行く。きれいにラッピングしてもらい、隠しておく。
これは前の夜に自分で枕元に置いて眠るんである。

翌朝、弟はきゃあきゃあ喜び、兄と姉のぶんまで点検に回ってきた。
「おねーちゃんはなにもろうたんねー」
布団に入ったまま、私はしめしめと笑う。
「おねーちゃんは大きいから、ちょっとすくないねー」などといいながら勝手に包みをあけて。ちょっと労力は必要だったが、子どもが喜ぶのが私としても本当に楽しかった。

しかし小学校3、4年ぐらいのときにどうも気が付いたらしく、
「ぼく、サンタさんからはもう何もほしくない」
と言ったのだ。でもこれはガキながら親を気使っての言葉だったと思う。サンタなんておらんのでしょー、ではなかったから。
その年、ウチのクリスマスは終焉を迎えた。あのときは、寂しかった。

わたしは子どもはおらんし、いろいろ考えるとたぶん産まないだろうが、親類の子どもや友達の子ども達が無邪気によろこぶのを見たりすると、こっちも楽しくなる。(なので子持ちの家庭に呼ばれるのは結構好きだ)
今日はバスの中で、あるデパートの大きな買い物袋をさげたおじいちゃんをみかけた。中にはリボンをかけたプレゼントらしき包みがいくつか。お孫さんのためかな、奥さんのだろうか。いいな。

人と楽しいことを分かち合うって本当に楽しい、幸せなことだ。

当たり前のことだが、この時期はそれを強く思う。だから「クリスマスブルー症候群」に陥りがちな婦女子が多いのもなんとなくわからんでもない。(笑) 根本的に、楽しい行事を誰かとわかちあえなことがさみしさを募らせるんだろうな。

陰惨な事件が続いている。
ひとりでも多くの子ども、そして周囲の大人も、幸せなクリスマスや年末を迎えられますようにと願う。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.12.11

人と出会うこと

この前も書いたのだが、旅人との会話は忘れがたいものがある。
旅人でその後も偶然会ったり、日本に帰ってもやりとりが続くひともいるが、大半はほとんどそれきりだ。なのに忘れられない。いや、それゆえ、か。

最近、人と割と簡単に出会えたりする。というのもSNSやらで共通の興味を持つ人や、友達の友達などが芋づる式に集ったりする機会が多いからだと思う。それはそれですごく貴重な機会だ。

私は大学を卒業して働き始めたとき、「大人になると友達ができにくい」と痛感したのを覚えている。

私の働いていた職場は自分ぐらいの年齢の人が非常に少なく、先輩ばかりだった。社会に出る前に、会社の話だけをする大人がいると思っていたけれど、これじゃあ同じ年頃の人がいなくて必然的にそうなってしまうわなーと考えたのだ。(まあその後、職場で年齢差を越えた"友達"は増えたわけですが)
若いころから合コンでもしてればそういう思いをしなかったのかもしれないが、私は偏屈につき未知の男女の集いが苦手。(笑)

そんなこんなで人と出会う機会が少ないものだから旅先で仲良くなったり、話をしたりすると非常に新鮮な気分になったものだ。
二度と会ったことのない誰とどこで会い、何を話したのか、いまでもはっきりと覚えていたりするのはそのせいだろう。

ところがここ1年少々、SNSなどで気軽に知らない人と人が集まったり、友達の友達と知り合えるようになった。そのときの自分の驚きはいままでの「人と出会うのは難しい」と思っていた概念があまりにあっさり覆され、ちょっとためらいを覚えたのも事実だ。こんなに簡単でいいのかと。
ブログもこうやって細々と不特定多数の方々に公開して1年半になるが、これを通して知り合った方々もいらっしゃる。互いの書くことに共感したり、されたり。おもえば非常に幸せなことである。日常の友達にも会話として出さないような、些細な日常や旅の話を読んでいただけているのだから。

こうやってあまりにも簡単に人に出会えるようになっているが、人と出会えるという幸運を自分に常に戒めておきたいと思う。

| | Comments (2)

2005.12.10

秋冬の読書

20051210
夜の空気が冷たくなってくると夜の読書が楽しい。(寒いのは嫌いなんだが)

布団に入ってごろごろ酒飲みつつ。
そういうときにしっくりくる作家というのがいる。あまり小説を多く読むほうではないので詳しくはないが、たとえば、川上弘美のエッセイや小説はしっくりくる。私の中ではこの人の書くものはしんと深まる秋冬の夜がふさわしい。心がどこかでざわざわするけれどどこまでも静か。
かといって夏に読みたい作家というとちょっと考えてしまうが。

ごろごろしながら本を読むわけだけど、最初はノンフィクションなどを読んでいても酔ってくると頭がめぐらなくなる。そこで寝るちょっと前はエッセイとか雑誌とか読みやすいものに切り替える。
(そして目が冴えてしまうこともあるのだが)

だからエッセイなどは読みやすいからといって、通勤電車の中などでガンガン読み進めないようにしている。それは、酔ったときに読む本がなくなるから。
ちびちびちびちびちびちび、私のエッセイの読み方はまあ親爺の晩酌みたいなもんでしょうか。

最近読んだ本。

4532165377此処 彼処 (ここ かしこ)
川上 弘美

日本経済新聞社 2005-10-18

4062749688耳そぎ饅頭
町田 康

講談社 2005-01


| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.12.04

「どこへ行っても雪」--東欧旅No.4--

中断していたブルガリアの思い出し旅ログを。ちょうど奥多摩で雪も降ったというし、寒くなった折。

ソフィア駅前のバスターミナルから8時のバスでヴェリコ・タルノヴォВелико Търновоへ向かった。
昨日まで乗っていたバスははなはだ古くてシートも昔ながらの無骨なバスばかりであったが、この駅前からの長距離バスは「三ツ星」級。
乗客は10名程度。雪の壁の道が続く。毎年アルペンルートで雪壁の中を進むシーンをニュースで見るが、まさにそのような風景の中をひたすら走る。
3時間もしないうちに坂道の下に街が見えてきた。乗客がコートを着たり帽子をかぶったりと支度をはじめた。着いたらしい。
それにしても、ソフィア以上に雪深い。しかもこの町は坂道だらけなので歩くのも難儀だ。

ちょっと断片的ではあるが知っている限りの歴史的背景を簡単に書いておくと、ヴェリコ・タルノヴォは12世紀頃にあった第二次ブルガリア帝国の首都となった場所だ。
第一次ブルガリア帝国は東ローマ帝国に滅ぼされたらしいが、この地域で貴族の反乱が広まり第二次ブルガリア帝国成立(1187年。日本では平安末期か)。この後、ブルガリア帝国は最大の領土を誇ったようで、世界史図版でもいまのアルバニアあたりまで塗られている。1393年にオスマントルコに滅亡させられるまで続いたという。
つまり最大勢力を誇った時代のブルガリアの首都で、非常に栄えた場所だったのだ。だが、今はそんなこともなく、インターネットで調べると簡単な略地図には出ていなかったりすることもままある。

そんな街はくねくねしたヤントラ川が渓谷の中心だ。川は谷底のようなところにあり、断崖の上や丘陵の上に市街地が広がっている、起伏に富んだ地形だ。
冬なので雪化粧、いや雪に埋もれてはいたが日光に照らされて輝いて美しい。
見どころは「ツァレヴェッツの丘」。城跡、城壁と教会があるという。しかし、なにしろ雪深く、なかなか歩けない。ようよう歩いて到着した入り口で私はさすがにためらった。人が通った跡がほとんどないのだ。
200512entrance

とはいえここまできたからには、と膝丈もある雪をふみしめずぶずぶと進む。くねくねと城壁を登るが、雪道を歩くのはほとほと疲れた。
てっぺんの教会で暇そうにしていた番をしているオバサンは外を指差し、あっちはなに、こっちはなに、と片言の英語で教えてくれる。霞がかっているが街の全貌が見えてなかなか眺望はよい。
時折、日光がうっすらと温かい色で白い町並みを染めたのは幻想的だった。もっと視界のよい夏にきたら、谷底にある川の周りの木々も緑に覆われてきれいなんだろう。
200512hill


翌朝は早起きして下の方から街を見上げた。朝日に照らされた絶壁の上にはりつくような旧市街の町並みが本当に美しかった。
200512talnovo

中心街の露店でイコン調の絵のかかれた安っぽい新年のカレンダーがあったので買い求めたり、チーズパイを買い求める列に並んだり、みやげにするハーブティーを買い求めたり。最後はレストランでブルガリア料理を食べた。満足。

その日の日記の冒頭には「どこへ行っても雪」とある。そんなことを書いた記憶はメモを取り出すまでなかったのだが、本当に白ばっかり見ていたような気がする。もし、再び訪れることができるならば、雪のないときに行きたいと切に、思う。


近況ですが、だいぶ落ち着いてきた。というわけでこの過去旅ログ。
年末は香港経由でスリランカを予定していますが、ひょっとしたら別のところになるかもしれません。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

飲み屋街の路地(BlogPet)

いつも、本人さんは
薄暗い街灯、昔ながらの暖簾、引き戸の鰻屋、古い真冬、腹が減ったのかうろうろする猫。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「大祖ぬるはち」が書きました。

| | Comments (0)

2005.12.02

飲み屋街の路地

四谷荒木町のあたりをぶらぶらした。
宵の口、待ち合わせまでしばし時間があったので、特に目的もなくぶらぶらと。夜にならないと活気は出ないようだが、大通りの脇に小さな飲み屋街の路地が伸びていた。
薄暗い街灯、昔ながらの暖簾、引き戸の鰻屋、古いアパート、腹が減ったのかうろうろする猫。こんなところにこんな町があったとは。
200511sanpo2

ちなみにアンコウ鍋はまだ食べたことがない。食べてみたい。
「豪遊」というイメージのある食べ物だな。(違うか?)

| | Comments (2)

« November 2005 | Main | January 2006 »