« 飲み屋街の路地(BlogPet) | Main | 秋冬の読書 »

2005.12.04

「どこへ行っても雪」--東欧旅No.4--

中断していたブルガリアの思い出し旅ログを。ちょうど奥多摩で雪も降ったというし、寒くなった折。

ソフィア駅前のバスターミナルから8時のバスでヴェリコ・タルノヴォВелико Търновоへ向かった。
昨日まで乗っていたバスははなはだ古くてシートも昔ながらの無骨なバスばかりであったが、この駅前からの長距離バスは「三ツ星」級。
乗客は10名程度。雪の壁の道が続く。毎年アルペンルートで雪壁の中を進むシーンをニュースで見るが、まさにそのような風景の中をひたすら走る。
3時間もしないうちに坂道の下に街が見えてきた。乗客がコートを着たり帽子をかぶったりと支度をはじめた。着いたらしい。
それにしても、ソフィア以上に雪深い。しかもこの町は坂道だらけなので歩くのも難儀だ。

ちょっと断片的ではあるが知っている限りの歴史的背景を簡単に書いておくと、ヴェリコ・タルノヴォは12世紀頃にあった第二次ブルガリア帝国の首都となった場所だ。
第一次ブルガリア帝国は東ローマ帝国に滅ぼされたらしいが、この地域で貴族の反乱が広まり第二次ブルガリア帝国成立(1187年。日本では平安末期か)。この後、ブルガリア帝国は最大の領土を誇ったようで、世界史図版でもいまのアルバニアあたりまで塗られている。1393年にオスマントルコに滅亡させられるまで続いたという。
つまり最大勢力を誇った時代のブルガリアの首都で、非常に栄えた場所だったのだ。だが、今はそんなこともなく、インターネットで調べると簡単な略地図には出ていなかったりすることもままある。

そんな街はくねくねしたヤントラ川が渓谷の中心だ。川は谷底のようなところにあり、断崖の上や丘陵の上に市街地が広がっている、起伏に富んだ地形だ。
冬なので雪化粧、いや雪に埋もれてはいたが日光に照らされて輝いて美しい。
見どころは「ツァレヴェッツの丘」。城跡、城壁と教会があるという。しかし、なにしろ雪深く、なかなか歩けない。ようよう歩いて到着した入り口で私はさすがにためらった。人が通った跡がほとんどないのだ。
200512entrance

とはいえここまできたからには、と膝丈もある雪をふみしめずぶずぶと進む。くねくねと城壁を登るが、雪道を歩くのはほとほと疲れた。
てっぺんの教会で暇そうにしていた番をしているオバサンは外を指差し、あっちはなに、こっちはなに、と片言の英語で教えてくれる。霞がかっているが街の全貌が見えてなかなか眺望はよい。
時折、日光がうっすらと温かい色で白い町並みを染めたのは幻想的だった。もっと視界のよい夏にきたら、谷底にある川の周りの木々も緑に覆われてきれいなんだろう。
200512hill


翌朝は早起きして下の方から街を見上げた。朝日に照らされた絶壁の上にはりつくような旧市街の町並みが本当に美しかった。
200512talnovo

中心街の露店でイコン調の絵のかかれた安っぽい新年のカレンダーがあったので買い求めたり、チーズパイを買い求める列に並んだり、みやげにするハーブティーを買い求めたり。最後はレストランでブルガリア料理を食べた。満足。

その日の日記の冒頭には「どこへ行っても雪」とある。そんなことを書いた記憶はメモを取り出すまでなかったのだが、本当に白ばっかり見ていたような気がする。もし、再び訪れることができるならば、雪のないときに行きたいと切に、思う。


近況ですが、だいぶ落ち着いてきた。というわけでこの過去旅ログ。
年末は香港経由でスリランカを予定していますが、ひょっとしたら別のところになるかもしれません。

|

« 飲み屋街の路地(BlogPet) | Main | 秋冬の読書 »

Comments

こういう写真をみると、たまには八重山じゃなくて海外もいいな~って思うんだよね。
けど、結局八重山にいってしまってるけど。
というか、一人で海外旅行に行く勇気がないだけなんだけどねw
友人とは大違いだよ。

Posted by: いさと | 2005.12.04 at 21:02

いろんなところの写真見るといってみたいなーと思うのも事実なんだけど、自分の興味と足が向くところにいくのが一番なんだと思うよ。
でもいさとさんが突然ヨーロッパとか行き始めるとそれはそれで違和感が。。。すまん(笑)

Posted by: 本人です | 2005.12.05 at 21:38

うわー、ロマンチックな景色ですね!!
とてつもなく寒そうですが・・。
ところで、スリランカに行かれるんですか?うらやましぃぃぃ。別の国というのも気になりますが。

Posted by: suzuko | 2005.12.05 at 23:30

suzukoさん
おっしゃるとおり、とてつもなく寒かったです。
冬の東欧は避けた方がいいかも…夜やクリスマスは美しいんですがね。耳がちぎれそうでした。

スリランカは昨年末出発数日前に津波があって、キャンセルしたんですよね。だから今年は、と予定しているのですが。
正式にきまったらまたこのブログで騒ぐと思います(笑)

Posted by: 本人です | 2005.12.06 at 23:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42301/7548908

Listed below are links to weblogs that reference 「どこへ行っても雪」--東欧旅No.4--:

« 飲み屋街の路地(BlogPet) | Main | 秋冬の読書 »