« 人と出会うこと | Main | 旅の妄想 »

2005.12.16

もうすぐクリスマス

今日は家にいた。学校から帰ってきた子どもだろうか、ピアノを練習する音が聞こえてきた。
クリスマスソング。
諸事忙しくて気が付いてなかったけれど、もうすぐクリスマスなんだと気が付いた。

子どもの頃はクリスマスが楽しかった。
シーズンになるとサンタ関連の絵本をやたら取りだした。いろいろあったなあ。弟が好きだったのは「さむがりやのサンタ」だった。
数日前から靴下を吊るし、チラシの裏に書いた「おねがい」を冷蔵庫のよこに貼付け、前の夜は「さんたさんへ」手紙を書いた。
2歳下の弟と、「みかんも置いておこうや」「サンタはガイジンじゃけんみかんなんか食べんわいー」などと言ったこともあった。

うちは弟が年離れていたので、私が中学高校のころは奴のためのクリスマスを家族総出で演出していた。
サンタが姉と兄には来ないと奴が不審に思うので、わたしらもプレゼントが必要となる。
私は母から3千円ぐらいもらい、適当に自分のためのプレゼントを買いに行く。きれいにラッピングしてもらい、隠しておく。
これは前の夜に自分で枕元に置いて眠るんである。

翌朝、弟はきゃあきゃあ喜び、兄と姉のぶんまで点検に回ってきた。
「おねーちゃんはなにもろうたんねー」
布団に入ったまま、私はしめしめと笑う。
「おねーちゃんは大きいから、ちょっとすくないねー」などといいながら勝手に包みをあけて。ちょっと労力は必要だったが、子どもが喜ぶのが私としても本当に楽しかった。

しかし小学校3、4年ぐらいのときにどうも気が付いたらしく、
「ぼく、サンタさんからはもう何もほしくない」
と言ったのだ。でもこれはガキながら親を気使っての言葉だったと思う。サンタなんておらんのでしょー、ではなかったから。
その年、ウチのクリスマスは終焉を迎えた。あのときは、寂しかった。

わたしは子どもはおらんし、いろいろ考えるとたぶん産まないだろうが、親類の子どもや友達の子ども達が無邪気によろこぶのを見たりすると、こっちも楽しくなる。(なので子持ちの家庭に呼ばれるのは結構好きだ)
今日はバスの中で、あるデパートの大きな買い物袋をさげたおじいちゃんをみかけた。中にはリボンをかけたプレゼントらしき包みがいくつか。お孫さんのためかな、奥さんのだろうか。いいな。

人と楽しいことを分かち合うって本当に楽しい、幸せなことだ。

当たり前のことだが、この時期はそれを強く思う。だから「クリスマスブルー症候群」に陥りがちな婦女子が多いのもなんとなくわからんでもない。(笑) 根本的に、楽しい行事を誰かとわかちあえなことがさみしさを募らせるんだろうな。

陰惨な事件が続いている。
ひとりでも多くの子ども、そして周囲の大人も、幸せなクリスマスや年末を迎えられますようにと願う。

|

« 人と出会うこと | Main | 旅の妄想 »

Comments

Incredible! This blog looks exactly like my old one! It's on a entirely different subject but it has pretty much the same layout and design. Great choice of colors!

Posted by: best dating sites | 2014.10.29 at 19:10

If you would like to take much from this paragraph then you have to apply these strategies to your won website.

Posted by: best dating sites | 2014.11.17 at 17:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42301/7652840

Listed below are links to weblogs that reference もうすぐクリスマス:

« 人と出会うこと | Main | 旅の妄想 »