« 秋冬の読書 | Main | もうすぐクリスマス »

2005.12.11

人と出会うこと

この前も書いたのだが、旅人との会話は忘れがたいものがある。
旅人でその後も偶然会ったり、日本に帰ってもやりとりが続くひともいるが、大半はほとんどそれきりだ。なのに忘れられない。いや、それゆえ、か。

最近、人と割と簡単に出会えたりする。というのもSNSやらで共通の興味を持つ人や、友達の友達などが芋づる式に集ったりする機会が多いからだと思う。それはそれですごく貴重な機会だ。

私は大学を卒業して働き始めたとき、「大人になると友達ができにくい」と痛感したのを覚えている。

私の働いていた職場は自分ぐらいの年齢の人が非常に少なく、先輩ばかりだった。社会に出る前に、会社の話だけをする大人がいると思っていたけれど、これじゃあ同じ年頃の人がいなくて必然的にそうなってしまうわなーと考えたのだ。(まあその後、職場で年齢差を越えた"友達"は増えたわけですが)
若いころから合コンでもしてればそういう思いをしなかったのかもしれないが、私は偏屈につき未知の男女の集いが苦手。(笑)

そんなこんなで人と出会う機会が少ないものだから旅先で仲良くなったり、話をしたりすると非常に新鮮な気分になったものだ。
二度と会ったことのない誰とどこで会い、何を話したのか、いまでもはっきりと覚えていたりするのはそのせいだろう。

ところがここ1年少々、SNSなどで気軽に知らない人と人が集まったり、友達の友達と知り合えるようになった。そのときの自分の驚きはいままでの「人と出会うのは難しい」と思っていた概念があまりにあっさり覆され、ちょっとためらいを覚えたのも事実だ。こんなに簡単でいいのかと。
ブログもこうやって細々と不特定多数の方々に公開して1年半になるが、これを通して知り合った方々もいらっしゃる。互いの書くことに共感したり、されたり。おもえば非常に幸せなことである。日常の友達にも会話として出さないような、些細な日常や旅の話を読んでいただけているのだから。

こうやってあまりにも簡単に人に出会えるようになっているが、人と出会えるという幸運を自分に常に戒めておきたいと思う。

|

« 秋冬の読書 | Main | もうすぐクリスマス »

Comments

SNSやサイトは磁石みたいなもので、同じ波長を持つもの引きつける作用があるように思います。ぼくも知らない人との集いには苦手意識を持っていたのですが、サイトやブログを通して知り合った人とはよく会ってます。それはたぶん、趣味や興味が共通しているからなんでしょうね。ぼくはこれもひとつの「縁」だと思ってます。おっしゃるとおり、その幸運を大切にしていきたいです。

Posted by: あづま川 | 2005.12.13 at 00:49

これまでの時代は趣味のサークルぐらいだったと思うのですが、(笑:古臭い?)「嗜好」の領域までふみこめたのは何らかの形で表現する場があるから、かなと・・・。
文体とか、考えている事とか、好きな写真や、食べた物や・・・
それが全てではありませんが、探すアンテナと波長が増えたってことでしょうか。
最近、元をただすとリアル世界の出発点ではないじゃん、と言われることがあったのですが、こうやって一過性ではなく親しくさせていただいてる方々は私はリアルの世界と同じくらい大事な縁だと感じます。
どうぞ今後ともよろしく。

Posted by: 本人です。 | 2005.12.13 at 21:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 秋冬の読書 | Main | もうすぐクリスマス »