« 名古屋にてシロノワール | Main | もうすぐ春 »

2006.02.19

バスを止めたら

その日はヌワラエリヤから30分ほどバスでキャンディ側に戻ったところにある「ラブケリーティーセンター」というところを見学し(ものの5分で終わってしまうが、おいしい紅茶が飲めてチョコレートケーキもおいしい)、茶畑をながめ、ヌワラエリヤに戻ろうとしている途中だった。
センターの前を通るローカルバスを捕まえようとおもったのだが、ちょうど行った後だったのでくねくねした山道、青々とした茶畑を眺めながら歩いて登っていた。雨の後で霧がかかっていたり、とても美しい茶畑だった。
200602teafield

20分ほど歩くと下のほうからバスの音が聞こえた。白い民営ローカルバスらしきものがゆっくりと上がってきたのを確かめ、私は手をあげてバスを止めた。客は多いが座る場所には結構余裕がありそうだ。
「ヌワラエリヤに行く?」
「よしよしのれのれ!(多分)」
妙に機嫌のいい、陽気な車掌だなあと思いながらバスに乗り込むと、妙な事に乗客から拍手が起きた。ん? 途中乗車が珍しいのか? 
そして男達から握手を求められた。女性たちも楽しそうに私に席を空けてくれた。
車掌だけでなく妙にみんな陽気だなあと不可解に感じた。

あるおじさんが私の前にやってきた。
「自分たちは一家で旅行中で、ゴール(南部)に帰るところです。ヌワラエリヤに今日は泊まるので、これから一緒にいきましょう」

家族、親戚一族での旅行貸し切りバスだったのか!

スリランカは10日、12〜15日と祝日と週末が重なり「ロングホリデー」だったので、各地で旅行をしている一族郎党に何度も出会った。だいたい観光客なので私と行くところが同じなのである。しかし大型バスを貸し切ってとはすごい大家族だ。老人、夫婦、その子ども・・・総勢20人以上はいた。
200602familybus2
ジャマしてしまったなあ。とはいえ彼等はとんだ外国人客である私を珍客が来たとおもしろがっている様子である。
男達は酒を呑んでいるらしく陽気に歌を歌い、揺れる山道のバス内で踊ったり、後ろには酔いつぶれて寝ているおじさんもいる。
オバサンたちは「こまったわねえ、うちの旦那」という顔をしながら、私になにかれと世話をやいてくれバナナをくれたり、ドコへいったの?などいろいろ話し掛けてくる。その高校生ぐらいの息子が英語が流暢でいろいろ質問される。
だいたいにおいて「結婚してんのか」は彼等のおおいなる関心事である。なぜにそんなに興味があるのか知らぬが、まあこの年で結婚してない子ナシというのは彼等の世界においては犯罪者に近いのかもなあなどと思う。

「日本の歌をうたってくれよ!」(大きな拍手)
・・・私は歌が苦手なのである。音痴なのである。しかし、ここまで大きな拍手をされてしまっては仕方がない。お礼にひとつ歌わねばなるまい。
わかりました。うなずくと、車掌(勝手に命名)が赤い拡声器を持ってきたのである!!!
「これで歌え!」 おい!
やぶれかぶれな私は、「森のくまさん」を拡声器で2番まで歌った。

歌いながら思ったのだが、まさしく「あらくまさん、ありがとう♪お礼にうたいましょ」。なかなか悪くない選曲ではないか。

ヌワラエリヤまで1時間弱、いやはやあのときはどうもありがとう。楽しかったです。
200602family

|

« 名古屋にてシロノワール | Main | もうすぐ春 »

Comments

うわー、私も同じような経験をしました!
バスに乗っていて、降りる所に気付かないで随分と乗り過ごしちゃった時、バスの運ちゃんが向こうからやってきたバスを止めて、私を乗せてくれるように頼んでくれたんです。で、乗り込んだバスってのが家族での貸切バスで、すんごい歓迎してくれて。
その時も何かのホリデーだったんですよ。
スリランカではホリデーには親戚一同でバスを貸しきって旅行をするのが普通なんですかね。スリランカ人って本当優しいですよね。

Posted by: suzuko | 2006.02.19 at 23:19

拡声器で「森のくまさん」絶唱ですか。
聞いてみたかったなー(笑
みんなで輪唱できたらもっと楽しかったでしょうね。
ぼくも同じく音痴なので、「日本の歌をうたってくれ」
とリクエストされると、とっても困ってしまいます。
言葉が分からないのでばれないだろうと開き直って歌うけど、やっぱり恥ずかしいですねー。

Posted by: あづま川 | 2006.02.20 at 17:30

suzukoさん>
うわーーー(笑)
同じですね。スリランカ人ってほんま親切だなあと思いますねえ改めて。親族揃っての旅行もとても楽しそうでした。
家族のつながりが日本じゃ薄くなってしまったけれど、やっぱり人が集まると楽しいですもんね。

あづま川さん>
近くに日本人がいないことを祈りつつ拡声器で歌いましたぜ…
森のくまさん、は結構使える歌かも。手拍子取りやすいし。
音痴だとこういうとき、本当に困ります。。。歌いたくないわけじゃないんだけど(汗)うたがうまい人、うらやましいです。

Posted by: 本人です | 2006.02.20 at 23:49

2番まで歌えるのがすごい!(^^。
旅先での日本の歌コールはよくありますが、
歌詞ってなかなか覚えていないのですよね。

しかし、すごい楽しい旅ですよね。
相手もお酒が入っていれば、紛れ込むのは
簡単ですけれど、それでも(^^。

Posted by: muna_zo | 2006.02.25 at 03:22

muna_zoさん

これが中国だったら下手なのバレっちまうと思うんですよ。
中国や台湾の人は、北国の春が好きという事例をみてもわかるように、我々日本人と琴線を共有していると思うのです。
彼等、やたら歌がうまくて歌うのが大好きだし。

だけど、スリランカまで行くと文化的にもかなり異なるのでここで上手下手ってよくわからない(笑) チャンチキチャンチキチャカチャカチャンチャキというインド歌謡曲リズムになってしまいますからねー。

というわけで無難な童謡に逃げた私です。
でも楽しかったですよ、ははは。

Posted by: 本人です | 2006.02.26 at 16:40

久しぶりに来たよ~。どこでコメント書こうかなとおもってたけど、やっぱり「森のくまさん」で。
この選曲、最高。あんたすごい!!

Posted by: ごん | 2006.03.27 at 12:46

英語の歌でも歌えるともっとええんですけどね。
ちなみに森のくまさんは日頃からよくうたってます。(笑)

Posted by: 本人です | 2006.04.10 at 23:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 名古屋にてシロノワール | Main | もうすぐ春 »