« スリランカの海 | Main | ネット復活 »

2006.03.26

長い旅、そして経由地

2月、3月と回転しているのに、ずいぶん過去になってしまったスリランカの話しがまだ全然終わってないのだよな。

この1月の旅は帰り道に、バンコクと香港に降りた。
200603thai
コロンボの最後でちょっと体調を崩し、バンコクでは昼寝のあと(暖かいところの昼寝は本当に最高だ。私はタイでの昼寝が一番好きだ)、いつものようにチャオプラヤーEXPにのってひたすら川下り。どこへいくわけでもない、ただ乗っているだけだ。
・・・ただ怠惰にすごしてしまったのだが、都会でありながらもどこか悠長な、のんびりしたタイらしさを楽しんだ。タイはご飯の選択肢も多いし(つまりカレー以外にもいっぱいあるってことです)、「みんなの顔も白いなあー」などと。
次に行った香港は、旧正月前の町の賑わいにこっちまで気分が高揚し、在住の知人に連れられての食事を楽しんだ。
200603HK-NYear
どれもどれも楽しかった。

しかし。スリランカの旅行の強い印象が、この経由旅でちょっと薄れてしまったかなという気もしないではない。
もちろんバンコクも香港も「目的地」ではあるのだが、同じ料金で立ち寄れるから自分としては「ついでに欲張りトッピング」的な旅先であった。
最大目的地であったはずのスリランカの印象がスリランカを離れたときよりは若干、弱まっていた。香港から成田への機内でスリランカでつけていた日記を読み返しつつ、そう感じざるをえなかった。

最近は長旅をしていないので、生息地→唯一の目的地→生息地というパターンが多い。そのため目的地の強い印象をそのまま持って帰国することが多い。
凝縮された、濃い思いを生息地に持って帰り、箱からすべてをつかみ出すようにして一度にいろんなことを思い出す。
一方で長旅は次へ次へ、いろいろな旅先での印象を抱えつつも次の新しい印象を重ねていく。帰ってきてから、つかみ出すのではなく、箱の中に入った紐をたぐったり、ある1本を引っ張ってみたり、断片的に、ゆっくりじっくり思い出す。

これはあくまでも私の場合。
短い旅の感覚に慣れすぎたまま、久しぶりにちょっと長めの旅行をして、いろんなところをめぐって(それも3箇所全く違う場所)、思い出をどかっと箱からつかみ出そうとしたらいつものようにドカンと全部一気にに出てこず、あれっと戸惑っている、という感じがしたな。


引っ越し荷物が片付かないままちょっと旅の思い出の品々を眺めてしまいました。

|

« スリランカの海 | Main | ネット復活 »

Comments

久々にブログの方に遊びにきました。
そして、一気に読みふけりました。

いいねえ、アジア旅行って!!
ここからだと航空券が高くて贅沢なので、
実現しそうにないので、ホソチンさんのブログに通わせてもらいます。

文章も写真も素晴らしい。
女・沢木耕太郎と呼ばせて頂きます。
(私は女・猿岩石と読んでください ふ、古)

Posted by: しばこ | 2006.03.27 at 03:35

コメント遅くなりました。
細かいところまで読んで下さってどうもありがとう〜

アジア旅行もいいですが、私はヨーロッパにそろそろ行きたくなってきました。うーん来年まで我慢かもしれないけれど。。。

Posted by: 本人です | 2006.04.10 at 23:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スリランカの海 | Main | ネット復活 »