« 旅とは基本的に疲れるもの(2) | Main | 遺跡で会う人 »

2006.03.17

水牛ヨーグルト

内陸では観光地ばかり旅をしていた。
遺跡のある町は新市街と旧市街が分かれていてマーケットや繁華街は新市街にあったりすることが多い。旅行者が出入りするのはそういったところから遠いので、「なんだか今ひとつ、地元の人が食べているものとか市場が見えない」ようなもどかしい気がしていた。(あるんですけどね、もちろん。スナックスタンドも、安食堂も)

カードは水牛で作ったヨーグルト。ロンプラには「その入れ物をあなたは持ち帰りたくなるであろう」と書いてあった。なのに私はなかなかそのカードを売っているところに出会わない。プラスチック容器に入ったふつうのヨーグルトは売っているのだが、私が探しているのはこれじゃないんだよなあ、きっと地元の人の繁華街や市場に行かないとだめなんだろうと思った。スーパーで巨大な土器に入ったカードはあったが、でかすぎる。

そうしてようやく見つけた小さなカード。
ミルクスタンドといった牛乳屋の軒先で食べたり買ったりできる。
平べったい茶色い土器。それに蜜をかけてくれる・・・濃厚だ。蜜もおいしい。
200501yogurt
カレーを食べる以外にも甘い紅茶、胃にやさしいカード、こうやって胃を守っているのか。それにしても健康的な食生活。
結局このカード容器は洗って持って帰ってきた。さあ何を入れようかな。

|

« 旅とは基本的に疲れるもの(2) | Main | 遺跡で会う人 »

Comments

わあ、いいなー。
これ大きさはどのくらいですか?

Posted by: うりうり | 2006.03.18 at 23:32

そういえば、スケール感がわからなかったですね、この写真だと。
ガムテープの芯くらいの直径です。
底も浅く、「もう少し食べたい」という気分でしたね、私は。

Posted by: 本人です | 2006.03.18 at 23:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 旅とは基本的に疲れるもの(2) | Main | 遺跡で会う人 »