« ネット復活 | Main | 八重山の休日 »

2006.04.20

「地元」がアツイ

最近「地元」が熱い。

といっても故郷とはちょっと違う。現在住んでいる町について熱く語る人が多いということだ。ここ数年私の周りで増殖中だ。

数年前だったか、某界隈に越した友人が新しい町について熱く語っているのを聞いて訪問したりしたが、その当時は「ほーぉ」程度だった。
また別に下町に住み始めた人が「地元の飲み屋が面白い」と会うたびに熱く語り始め、「ほぉ」なんて言っている間に私もその町に出入りするようになった。また、その周りにもまた「地元魅力」を語る人たちが集っていたという次第。知り合いの某区の女性も熱い。私もその街へたまにでかけるようになってしまった。

きっかけは個人なんだと思う。ブログで書いてみたり、それまでの友達を連れてきたり。それが現実の「ご近所さん」ができて、集まることによって「ウチの町ってやっぱいいとこだよね」と共感がひろがっていく。はじめは少数の人が「ウチって地味だけど、いいとこじゃない?」と口火を切って語り始めたのにどんどん周りが巻き込まれ、共感して大きくなった結果だと思う。

これを熱い広報活動・プロモーション活動といわずしてなんと言えばいいのか。
そんな「広報委員住人たち」に周りも影響され、相乗効果となってその町の魅力が外から見てもアップしている(ように思える)。

きっとその町の魅力はどこにだって、それぞれあるのだ。
たまたまそのときに巡り合わせた住人のプロモーション力と人としての影響力、発信力に恵まれて、その町が持っていた魅力を放ち始めているのだ。
町は「いま住んでいる人」が作るのだ。改めて思う。

自分の町がつまんなくしか見えないなあってのもよくあるけど、結局は "自分の"「ご近所さんをつくる力」に依るのかなあと。近所付き合いなんて自分のような単身世帯には関係ねえよーと思っていたし、今の都会になんてあるとは思わなかった。しかし、地元の人たちとつながっていくことで、自分の街をもっと楽しめるのだろう。
都会はほとんどよそ者が住んでいる場所だけれど、住めば都。自分の住む場所には愛着を持って住んでいる間は楽しむべし。

|

« ネット復活 | Main | 八重山の休日 »

Comments

お久し振りです。
「地元が熱い!」たしかに言えるかも。スローフード運動と同根なんでしょうね、アド街ック天国なんかも寄与してるとはおもうけど、仰るとおり最大の推進エンジンはブログとSNSだと思う。

僕の場合、家の近くもだけど、会社の近所でも同じ事が言えます。食べ物屋、レストラン、カフェなんかの知り合いが増えてます。町内商店会の寄付依頼も来ちゃいますが(苦笑)。

Posted by: おやじ | 2006.04.23 at 14:38

お久しぶりです。
メディアで自分の地元を外に自慢する場や、つながる場が出来、知り合いの女性はその地域で検索エンジン常に上位。
検索エンジンによっても盛り上げられてます(笑

Posted by: 本人です | 2006.05.06 at 23:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ネット復活 | Main | 八重山の休日 »