« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

2006.06.27

南国は漂白剤がお好き

全くといっていいほど海が似合わないといわれるが、南国が好きなのでたまに出かける。
汗をかく。洗濯をする。よく洗濯をする。
南国は日差しが強いので白い服のほうがいいが、難点としては汚れてしまうこと。汗染みやそばの汁のはねかえりがことのほか目立つ。
となると、漂白剤の出番である。
200606hyohakuzai

沖縄、八重山で気がつくのは、「漂白剤ボトル」がいたるところで活用されていることだ。
驚くのはこのサイズ。ふつうは小さいボトルしか買ったことがないが、ここで見かけるのはすべて「大ボトル」。使用済みの大ボトルはいろいろなところで活躍している。
下の部分を切り取って石鹸が入っていたり、上の部分は柵の目印に使われていたり、取っ手を利用して水汲みのひしゃく代わりに使われていることもある。
200606hyohakuzai2

この使用量の多さは、やはり汗や染みといったことと無関係ではあるまい。
タイでも同じ漂白剤をよく見かける。そして同じように使用済みボトルが再利用されているのに出くわすのである。トイレのひしゃく代わりにつかわれていたのを何回か見た。この色、このボトル、、、間違いないと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.25

昭和のビルで(2)

200605sanshinbuilding
有楽町日比谷方面。ねじ止めの飾りのある概観でした。

200605sanshindoor2
ドアのパーツ一つ一つがいとおしい。

200606sanshinhall
アーチが美しいホール。

200606sanshinbuilding
外から眺めると、東京タワーミニ版が載っていた。知らなかった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.06.11

6月ということは

この夏はどこへいこうか。

トーマスクック片手にヨーロッパ西方面に鉄道に乗りに行きたいが、ヨーロッパの夏はどこへいっても込んでいるのが多少面倒くさいのですよね。ユースはおろか安いホテルがとれなくなり、予想以上に金がかかるのが難点。

3年前だったか、この時期にクロアチアへ旅行したとき。ザグレブで華やかに咲いていたのが白い紫陽花のような花。(紫陽花の一種なのだろう) 紫陽花はどこでも紫色でメランコリックな顔をしているものだと思っていたので、思いがけない華やかさに驚いたのでした。
200606ajisai
赤と白の市松模様が印象的だったザグレブ。

●追記;この色は国威高揚、民族主義高揚のために使われ、周辺諸国、民族からは憎悪の対象となる。印象的だと私が受け取ったのは、いたるところでこのカラー、模様を出すことで国威発揚をしているのかと実感した、そいういう意味です。

来週には紫陽花は満開だろうか。

| | Comments (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »