« 昭和のビルで(2) | Main | マカオの路地 »

2006.06.27

南国は漂白剤がお好き

全くといっていいほど海が似合わないといわれるが、南国が好きなのでたまに出かける。
汗をかく。洗濯をする。よく洗濯をする。
南国は日差しが強いので白い服のほうがいいが、難点としては汚れてしまうこと。汗染みやそばの汁のはねかえりがことのほか目立つ。
となると、漂白剤の出番である。
200606hyohakuzai

沖縄、八重山で気がつくのは、「漂白剤ボトル」がいたるところで活用されていることだ。
驚くのはこのサイズ。ふつうは小さいボトルしか買ったことがないが、ここで見かけるのはすべて「大ボトル」。使用済みの大ボトルはいろいろなところで活躍している。
下の部分を切り取って石鹸が入っていたり、上の部分は柵の目印に使われていたり、取っ手を利用して水汲みのひしゃく代わりに使われていることもある。
200606hyohakuzai2

この使用量の多さは、やはり汗や染みといったことと無関係ではあるまい。
タイでも同じ漂白剤をよく見かける。そして同じように使用済みボトルが再利用されているのに出くわすのである。トイレのひしゃく代わりにつかわれていたのを何回か見た。この色、このボトル、、、間違いないと思う。

|

« 昭和のビルで(2) | Main | マカオの路地 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42301/10673090

Listed below are links to weblogs that reference 南国は漂白剤がお好き:

« 昭和のビルで(2) | Main | マカオの路地 »