« 旅から戻って謹賀新年2007 | Main | ビエンチャンの朝はコーヒーで。 »

2007.01.07

ラオスでも食べる(麺類編)

先にも書いたが、ラオスはあまり外食に派手な物はない。タイ料理のような賑やかさには欠けるが、まあ素朴なイサーン料理のようなもの。しかし、フランス統治の置き土産のバゲットとコーヒー、麺類、肉とハーブの炒め物ラープやソムタムはおいしい。
選択肢は少なく地味ながら、私の朝はバゲットにしようか、昼は何にしようか迷ってしまうのである。(私の場合、夜はラープと餅米と決まっているのだが)

では麺類から。
麺類は米麺で、パクチーやらどくだみなどハーブやもやし、レタスなどが大量に出てくるのでそれを乗せてら食べる。つけあわせにインゲンとかかじりながら食べる。オバちゃんたちは唐辛子をそのままかじりながら食べていることも多い。
200701noodle2
インゲンにはカピをつけてぽりぽりと。インゲンは茹でてたべるものだという意識が強いが、こういう風に食べるとまた新たなインゲンの世界が広がる、、、といいましょうか。

店によって若干味や乗せるものは異なる。市場の店ではミョウガと生姜を千切りにしたものをどっさり盛り上げてくれていた。これはさっぱりしておいしい。日本の素麺の食べ方か?
200701noodle1

タラートサオ内にあったこの麺専門店が一番おいしかったかな。3回も食べに通ってしまった。
200701noodle3
つみれ、牛肉(半生)、どっさり出てくる野菜類。出汁も濃すぎずうまい。市場の中でなかなかの人気店らしく、おねえさんたちは出前やらに追われて大変そうだった。

|

« 旅から戻って謹賀新年2007 | Main | ビエンチャンの朝はコーヒーで。 »

Comments

ラオス料理はやはりいいですねえ。
年末年始とミャンマーに行ってきました。
で、最後にバンコクに立ち寄りまして、ラオ料理の食べられる、「Cafe de Lao」という店にBTSに乗って、わざわざ出かけました。
料理は良かったんですが、ビアラオが置いていなかったんですよ。
ひょっとしたら、ビアラオの生もあるかなとか、期待してたのに…。
こりゃ、またラオスに行くしかないですね。

Posted by: ヒョウちゃん | 2007.01.08 at 16:36

ミャンマー、いかがでしたか?
わざわざ行ったのに残念ですねえ。最近、ビアラオは輸出戦略をとってるようで、バンコクでもあるところでは瓶のビアラオがありました。カオサンのバーでもいくつか。
ラオスはやっぱりいいですね。

Posted by: 本人です | 2007.01.08 at 20:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42301/13370435

Listed below are links to weblogs that reference ラオスでも食べる(麺類編):

« 旅から戻って謹賀新年2007 | Main | ビエンチャンの朝はコーヒーで。 »