« いちじくパフェ | Main | ミャンマー情勢 »

2007.09.15

思い立って大井川鉄道

とある初秋の日曜日のことだった。「電車乗りたい。中央線じゃなくて、ガタゴトいう、ローカルで、古くて、ひなびた電車に乗りたいのだ。」 本能的に電車に乗りたいと思い続けていたらしい。
早朝の新幹線にのり、乗車を目指したのは静岡にある「大井川鉄道」。一日数本走って、マニアが集まるらしいSLなんかどうでもいい。私は、ひなびた電車に乗りたかっただけなのだ。

予想通りのひなびた電車。知人にいわせりゃ、車両が洗ってもなくて状態が悪い、らしいが、まあいいじゃないか。でも確かに広島市内電車より圧倒的に汚いのは事実だ。今度の雨のときにでも洗ってやってほしい。
通り抜ける駅はほとんど集落がつながっている。垣根なし。どこからでも入って来れそうだ。
窓から外を眺めつつ、車内にいる「鉄男」たちを観察するが、はたからみれば私も同じなのであろう。しかし、静岡の客人も駅員も暖かである。明らかによそものの私に、ふつうに話しかけてくる。
静岡に降り立つと平野が広くてすーっとする感じが、時折あるのだが、人もおんなじようにおおらかなのかな、などと人のいいことを考えながら私はアプト式の電車で終点を目指す。

200710_ooigawa

|

« いちじくパフェ | Main | ミャンマー情勢 »