« RICOH GX100 その1 四角写真 | Main | RICOH GX100 その2 »

2008.01.12

KOTORの民宿

KOTORの民宿は、今まで泊まった中で一番面白い部屋だった。ぶどう棚下の、玄関脇離れ。

200801kotor1

部屋の中は機能的な扇風機が一台。
200801kotor2

部屋の前のぶどう棚の下で、ビールを飲んだり、洗濯をしたり、本を読んだり。だらだらさせてもらった。

200801kotor3_2

Photo:FinePix F10

モンテネグロは2007年にセルビアから独立したばかりで、独自通貨をもたない。したがって通貨はEURO。クロアチア通貨、セルビア通貨も使える。

KOTORはバカンスシーズンとあって、セルビア人観光客がワンサと。あとロシア人。セルビア人が多いのは、彼らが訪れることができるビーチリゾートはモンテネグロ海岸沿いだけになってしまったからだ、という人もいる。おかげでベオグラード発着の飛行機はほぼ満席で、かけこみチケット確保を試みたわたしは「夏は混むのよ」と小言を言われた。

KOTORは小さな町だ。民宿は旅行代理店で紹介してもらえるが、リゾート地だけあって他よりも高い。私が泊まったのはバス停の隣だったが、この辺の家は数件民宿をやっているようだった。

昼間のビーチはツーリストばかりだが、夕方からは地元のおじちゃん、おばちゃん、家族が集まってきて、ゆったりとした時間が流れ初める。おばあちゃんがおじいちゃんと手をとって海に入る姿に感動。

|

« RICOH GX100 その1 四角写真 | Main | RICOH GX100 その2 »