« モスタールの傷跡 | Main | RICOH GX100 その1 四角写真 »

2008.01.07

ドゥブロブニク旧市街

クロアチア、ドゥブロブニク旧市街は灼熱の石の要塞。

200801dobro1

200801dobro2
RICOH GXのリーフレットにあるのは、このメインストリート夜景の風景なのではないかと思う。(リーフレットは下の門からのアングル)

200801dobro3

200801dobro4

Photo:FinePixF10, EOS 7S(film)

以下旅メモ。

■旅メモ
モスタールからドゥブロブニクまでバスで4時間ぐらい。
フランス人(女性、社会人)と同乗。バスはぎゅうぎゅうで暑苦しいほどだった。
国境越えはスムーズ。パスポート回収の上、2カ国の警察が乗ってくるが、バカンスシーズンとあってか、にこやかなものであった。
サラエボからのローカル客は、同じボスニア領域内のビーチリゾートでほとんど下車。

ドゥブロブニク新市街は、安い民宿が多いので私は過去も泊まった。
新市街と旧市街はバスで結ばれていて、1回200円ぐらいか。多少高い。歩けば40分ぐらいだが、日中は暑くて歩く気分にすらなれなかった。
民宿の客引きは100%(たぶん)新市街のおばちゃんたちだが、新市街にもあるらしい。泊まった人にきくと、「倍以上違う」と言っていたが、
「一泊だけなら夜まで楽しめるし、いいかもね」という結論にお互い達した。

旧市街は夜は(夏のみ)音楽祭などひらかれ、深夜まで楽しめる。

長距離バスターミナルは過去の場所から移転。新市街の港横に出来、歩きには不便さを感じる。港の横には巨大スーパーマーケットができていた。郊外にいくとこういったコストコのような店が散見される。

スルジ山に登ろうとしたが、暑さに断念。前回も断念。

いずれにせよ、私のなかで「観光地でありながら最高に楽しめるリゾートタウン」としてドゥブロブニクは位置づけられる。最高。


※年始につき、余裕ありけり。ゆえ連日UP。
※コメント非受付にしています。ちょっとレス返せる確信がないので。。。ご理解のほど。

|

« モスタールの傷跡 | Main | RICOH GX100 その1 四角写真 »