« バルカンの夏はスイカ。 | Main | まずはカオソーイ »

2008.02.28

ルアンパバーンで緩む。

200802laos
Photo : GX100 @プーシーの丘からカーン川を望む。

ちょっと休みが取れたのでどこへ行こうか迷ったが、結局行き先に選んだのはまたもやラオスである。

そういやこのブログを始めて今年で4年になるのだが(これは驚愕の事実だった)、今回で私は一体何度ラオスに足を踏み入れることになるのか数えたところ、この4年の間に実に4回目になるのだった。

数年前までは「此処へはもう、二度とこないだろう」という思いをもってその土地をあとにすることが多かったのだが、最近は「嗚呼また来たいなあ」などと思い、それを実際に行ってしまうので「未踏地」は増えるばかりで、でも「また行きたい」ところとのココロの約束を果たす必要もあり、勝手に自分の中で逡巡している。

今回は日程の都合上、ルアンパバーンだけ。
短い休みならばビアラオ飲みながら、静かな場所でゆっくり本でも読み、夕方はメコン川の夕日を眺め、最後はサウナという魂胆だったが、指の先までぬるむようなラオスの空気に心底緩んできた。

200802beerlao

Photo:GX100

以下旅情報

□ゲストハウス
ルアンパバーンのゲストハウスはいろいろお勧めされている「cold river guest house」に泊まってみた。
 ラオスのゲストハウスらしく、のんびり家庭的な感じは悪くない。人気だからか私が泊まった日は満員で最後の1室(古い母屋のほう)だった。「歩き方」には大きく掲載されているらしく日本人が多いが、思った以上に西洋人も多い。

 以前泊まったプーシーホテル裏の路地を入ったゲストハウスは健在で、ここは大きな前庭と2Fのテラスが気持ちいい。値段も聞いてみたらColdRiverと同じで、街にも近いから移ってもよかった。しかし、私は面倒くさくて結局そのママ動かなかったのだが・・・
 名前は忘れてしまったけれどKounsavang? Guest houseだったような・・・。プーシーホテルの一本南側の道路をいくとこのゲストハウス含めて数件あります。どれもゆったりした間隔。

□ルアンパバーンの感想
 8年ぶりのルアンパバーンの街は大きく変わっていて、店や建物が増えていたが、緩やかな雰囲気、街の人の穏やかさはあまり変わっていなかった。昨年のビエンチャンでも同様だったが、ラオスがいいなと思うのはこういうところだ。

|

« バルカンの夏はスイカ。 | Main | まずはカオソーイ »

Comments

はじめまして。
あづま川さんのところから飛んできました。

僕もちょうど1ヶ月前に1週間の休暇を利用してどこへ行こうか迷った挙句、以前行った際に感じた居心地の良さに急激に惹かれるような形で決めた行き先がラオスでした。

僕の場合は約6年ぶりで、前回はビエンチャン~バンビエン~ルアンパバーンでしたが今回は日程がギシギシでしたから単純にビエンチャンとバンビエンのみの突貫旅行。
ついでに言えば乾季なのに雨続きで散々でしたが、「ラオスの空気に心底緩む」の心境は旅を終えて日が浅いため、実によく理解できます。
ラオスって全体的にそうなんですけど、ズケズケしたような感じを受けないんですよね。何かこう、そっとしておいてくれるような雰囲気で。それでいて人懐っこいし。
それに、ラオス=ビアラオが今や旅人の定番みたいになっているおかげで、僕のように日常から逃避してダラダラと過ごしたい旅人には周囲の目など関係なく昼間からビールをグラスに注いで赤い顔をしていられる。
いや、そうしていることが不自然ではない(笑)。

こんな感覚がラオスの居心地の良さですかね?

また、お邪魔します!

Posted by: サミー | 2008.03.01 at 02:03

はじめまして。
あづま川さんのところから飛んできました。

僕もちょうど1ヶ月前に1週間の休暇を利用してどこへ行こうか迷った挙句、以前行った際に感じた居心地の良さに急激に惹かれるような形で決めた行き先がラオスでした。

僕の場合は約6年ぶりで、前回はビエンチャン~バンビエン~ルアンパバーンでしたが今回は日程がギシギシでしたから単純にビエンチャンとバンビエンのみの突貫旅行。
ついでに言えば乾季なのに雨続きで散々でしたが、「ラオスの空気に心底緩む」の心境は旅を終えて日が浅いため、実によく理解できます。
ラオスって全体的にそうなんですけど、ズケズケしたような感じを受けないんですよね。何かこう、そっとしておいてくれるような雰囲気で。それでいて人懐っこいし。
それに、ラオス=ビアラオが今や旅人の定番みたいになっているおかげで、僕のように日常から逃避してダラダラと過ごしたい旅人には周囲の目など関係なく昼間からビールをグラスに注いで赤い顔をしていられる。
いや、そうしていることが不自然ではない(笑)。

こんな感覚がラオスの居心地の良さですかね?

また、お邪魔します!

Posted by: サミー | 2008.03.01 at 02:04

↑すいません、思いっきり二重投稿でした(笑)。

Posted by: サミー | 2008.03.01 at 02:06

ハジメマシテ。
1週間の休暇をラオスで、という方がここにもいらっしゃったか!といううれしい気分です。

ラオスはおっしゃるように「ずけずけした感じ」がないので気分がやすらぎます。「ファラン」でも適当に放置してくれつつも、でも冷たいわけじゃない。
今回の休暇では昼間からビールを飲んで本を読んで・・・本当にダラダラして気分がすーっと軽くなった気分です。でも
さすがにゲストハウスのオバちゃんに「またあんたビールなの?!」という顔をされてしまってましたけどね(汗)

たまに更新しますのでまたどうぞよろしく~

Posted by: 本人です。 | 2008.03.01 at 15:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バルカンの夏はスイカ。 | Main | まずはカオソーイ »