« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

2008.02.28

ルアンパバーンで緩む。

200802laos
Photo : GX100 @プーシーの丘からカーン川を望む。

ちょっと休みが取れたのでどこへ行こうか迷ったが、結局行き先に選んだのはまたもやラオスである。

そういやこのブログを始めて今年で4年になるのだが(これは驚愕の事実だった)、今回で私は一体何度ラオスに足を踏み入れることになるのか数えたところ、この4年の間に実に4回目になるのだった。

数年前までは「此処へはもう、二度とこないだろう」という思いをもってその土地をあとにすることが多かったのだが、最近は「嗚呼また来たいなあ」などと思い、それを実際に行ってしまうので「未踏地」は増えるばかりで、でも「また行きたい」ところとのココロの約束を果たす必要もあり、勝手に自分の中で逡巡している。

今回は日程の都合上、ルアンパバーンだけ。
短い休みならばビアラオ飲みながら、静かな場所でゆっくり本でも読み、夕方はメコン川の夕日を眺め、最後はサウナという魂胆だったが、指の先までぬるむようなラオスの空気に心底緩んできた。

200802beerlao

Photo:GX100

以下旅情報

Continue reading "ルアンパバーンで緩む。"

| | Comments (4)

2008.02.18

バルカンの夏はスイカ。

200802balkan_melon
暑い夏にはスイカ。スイカ選びは真剣に。

バルカンでは楕円形の瓜のようなスイカ(スイカも瓜の一種だが)が多かった。

「サザエさん」ではよくスイカ食べるシーンがでてくる。ワカメやかつおが、急な来客にへそをまげる。それはスイカの切り分け分が少なくなるから、とかいう一話があったと思う。子供の頃、スイカ大小を目をさらのようにして見極めて食べていたのも記憶にある。
この地域はゲストハウスの客に気前よく一切れ分けてくれたりした。冷たく冷やしたスイカを家族が取り囲んで食べていた。
土地が変わっても、赤くて大きなスイカはやっぱり家族団欒の真ん中にいるのだ。

@サラエボの市場にて。この市場は戦時中、市民を狙って爆撃されたところ。

そしてさっき飛び込んできたニュースは、「コソボが独立宣言」。2008年2月17日

|

2008.02.11

KOTOR旧市街で

200801kotorcat

KOTOR旧市街は猫が多い。
きれいなオネエサンを目で追ったり、えさをくれるおばあちゃんに擦り寄ったり。
それなりに生き方上手のようだ。

| | Comments (0)

2008.02.06

モンテネグロ郵便

モンテネグロは最も新しい独立国。通貨はユーロで独自のものはないが、郵便はツルナゴーラ(モンテネグロの呼称)独自のものが存在する。
200801montenegropost

この郵便局から人に絵葉書を出した。思ったより遅い到着だったようだ。

| | Comments (0)

2008.02.03

積雪

200802snow
雪は地のものすべて平等に降りかかる。

明日の朝はこけないように。

| | Comments (0)

さて、どこへ行くか。

かねて、私の旅は「~へいくのだ!絶対に次の休みには~へいくのだ!」という固い目的(地?)を持っていたので、あまり行き先に迷うことはなかったのだが、ここ数年、制約が加わると固い目的は条件外になってしまうこともありがちだ。そういうときの制約というのはだいたい、「休みがとれる期間(=短いという不満)」であったりする。

今回4,5日の休みをとってどこかへ行くつもりだ。最近では「週末海外」とかいう方法もあるし、そういう短期間でも行ける場所は結構あるのだなあと思う。香港、バンコク、ソウル。
しかし。はっきりいおう。行ける場所と行きたい場所は違うのだ。

多少労働過多状態が続いた小生がいま望んでいるのは、香港やバンコクやプノンペンの喧騒ではなく、タイ・ラオスあたりの「電気もないような静かな田舎」で「ハンモックで」「ビールのみながら」「昼寝と読書をしたい」と思っている。いうなればドンデッドみたいなところなんだが。
しかし、そういう「バックパッカー的ガイジンしかいないような場所」の最大の欠点は・・・飯があまりうまくない、ことだ。そもそも自給自足の文化には食堂などあまりなかったりする。

日程が短いとなると、ぜんぶ満たされてて欲しい、という無理な願望が頭をもたげるらしい。長い日程だと、割り切れるような気がするのだが・・・。
というわけで今回逡巡している旅先は、タイ、コチャーン(チャン島。海はきれいそうだが、飯は期待できぬ)、か、ルアンパバーン(海はないし都会ゆえ静けさは?だが飯は期待できる)なのだった。

そんなことを迷いながらも3月の奄美大島のチケットを発作的に抑えてしまった。

| | Comments (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »