« 食卓の風景1 | Main | 食卓の風景2 »

2008.03.19

ラオス航空

恥を承知で言おう。わたしは飛行機で座席にある「例の袋」をときどき頂戴する。
何をするかというと、旅で発生するチケットやらパンフレット類をこの中に貯めて帰り、家に帰るとそのまま日記帳といっしょに入れて所定のダンボールにしまいこむためだ。
過去の旅行でさまざまな袋がたまっているが、ほとんど形状は同じだ。例の形である。
でも、1つだけ違うのがある。
それが8年前のラオス旅行で手に入れた「ラオス航空」国内線にあった袋だ。

それは、なんと。
わら半紙以上にざらざらした粗悪な紙袋に、ビニール袋がそのままつっこんであるというものだった。
もちろんマチなんてないし、ただビニール袋もてきとうに突っ込んであるというものだった。

その時、ルアンパバーン-シェンクアンの間だったのだが、あまりの強烈さにしばし手にとり眺めたものでした。いまも大事に保管してある。搭乗券には名前などかいておらず(笑)、荷札はビニール紐つき。(左側)
200803laoairlines

今回、バンコク-ルアンパバーン間はラオス航空だったので少し期待していたが、袋はふつうの航空会社と同じようになっていて、少し残念ではあった。(右側)

|

« 食卓の風景1 | Main | 食卓の風景2 »

Comments

例の袋、集めている旅行者ってけっこういますよね。
ぼくもラオスでお持ち帰りしましたが、右側の普通のやつでした。残念。
左のは強烈ですね。ラオスの素朴なにおいがしそう(笑

Posted by: あづま川 | 2008.03.19 at 22:24

集めているものの、隣の方に失敬するのを見られるとちいと恥ずかしいのですよ。。。

左の古いのはただ中身を入れて保管して、一応大事にしているつもりなのですが、どんどんボロになっていくのが気になっています。
やっぱり保存には向かないのかも・・・

Posted by: 本人です。 | 2008.03.20 at 01:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 食卓の風景1 | Main | 食卓の風景2 »