« ルアンパバーンの夕暮れ | Main | 記憶と今のルアンパバーン »

2008.03.06

お昼はサンドイッチ

朝は麺類でたっぷり食べたにもかかわらず、街をぶらぶらしているうちに小腹が空いてくる。
もうそろそろお昼だな、ということでコーヒーを飲んだついでにサンドイッチを買い求めた。今回の旅行では午後はサンドイッチを買って、あとはビールを飲みながら夕暮れ時まで読書という、究極のゼイタクを実行した。

いいじゃないですか、休暇なんで。

200803laosand

ベトナム料理屋で買ったサンドイッチは、パパイヤの酢漬け入り、薄焼き卵、千切りハムとバゲットサンドイッチの王道だ。屋台で見ていると焼き鳥をスライスしたものを入れたりするのもあったが、パパイヤの甘酢漬けが入らないと、どうも気分が出ないからなあ。というわけで、そのサンドイッチを買い求めるまでまた暇な旅行者は何軒もサンドイッチ屋台をじーっと見つめたりしていたのであった。ああなんて食い意地の張った輩。

パン自体が米でつくられているからだろうか、こういった酢やナンプラーの味がぴったり合う。日本だとどうしてもできない料理の一つだなあ。

|

« ルアンパバーンの夕暮れ | Main | 記憶と今のルアンパバーン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ルアンパバーンの夕暮れ | Main | 記憶と今のルアンパバーン »