« 映画「ダージリン急行」、そしていつも何かの道の途中。 | Main | ナームトック、旅最後のご飯 »

2008.04.21

ルアンパバーンの市場で出会う「生き物」

何度も東南アジアに行きながら、毎度楽しい発見があるのが市場だ。
なんといっても、おおこんなものが!という驚きがある。
特にラオスは豊かではないものの、売られている生き物のバリエーションの広さではタイよりもずっとおもしろい。貴重なタンパク源である昆虫、川海苔・・・など。
ルアンパバーンは、プーシーの下にあった市場が移転してしまったので今回は行かなかったのだが、王宮近辺に広がるマーケットでもいろいろなものが繰り広げられていた。

200804ichibarice
子供のいたずらだろうか?

200803ichiba
これは、おたまじゃくし??!
アジアの市場ではいろいろな「生き物」に出会う。

200804ichiba1_2
「足」だけを売るお姉さん。

200804ichiba2
蜂蜜売りだ! こっちが刺されてしまいそうだけど。

200804ichiba1
家族の買い物についてきた男の子。

|

« 映画「ダージリン急行」、そしていつも何かの道の途中。 | Main | ナームトック、旅最後のご飯 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 映画「ダージリン急行」、そしていつも何かの道の途中。 | Main | ナームトック、旅最後のご飯 »