« 春になると歌いたくなる曲 | Main | 桜見物 »

2008.04.07

加計呂麻島での贅沢な休日

加計呂麻島は奄美大島の南にある東西に細長い島。その日の朝、ホノホシ海岸から対岸に眺めた島だ。


大きな地図で見る

かなり大きな島なのであらかじめ民宿を決めておく必要があろうかと、フェリー乗り場の観光案内所でおじさんに民宿リストのコピーをもらい、一番上にあった民宿に電話した。渡連にある「来来夏ハウス」という名前で、生間の港からもそんなに遠くないことも判明。
フェリーは一日4便ぐらいしかないが、海上タクシーという地元の人たちが使っている乗り合い船みたいなのを教えてもらい、予定より早く加計呂麻島に渡ることができた。

この民宿の目の前は渡連の海水浴場。青い海、ウッドデッキがくまれ、向かいにはさっき自転車で通った奄美大島が広がる。もうここでビール飲むしかないでしょう。
200803kakeromabeach

ビールを飲みながら、青い海のそばで読書。いやはや贅沢な休日になった。
200803kakeromabeer


この民宿、人もとってもいい人たちでとても楽しい滞在だった。
驚いたのが「お風呂」。冬だったからだと思うが、なんと熱~~いお湯を沸かしていただいた。南国の民宿でお風呂はないものだと思っていたのだが、いやいや、非常に気持ちがよかった。
そして夕飯も豪勢! 鰹の刺身も、ムロアジの唐揚げもじっくり揚げてあって骨まで食べられ、伊勢エビの味噌汁。大満足で、ビール飲みながら完食。

夜ごはんの後は、砂浜で波の音を聞いてぶらぶらした。肌寒く、曇ってしまったので星も月も見えなかったのは残念だが、その朝超えた山越えの道で時々車のランプが光るのが見えた。

何も計画せずにやってきた加計呂麻島だったが、目の前の浜で釣りができたり、シュノーケルもできるみたいだ。また行こう、そんな思いがする加計呂麻島だった。

|

« 春になると歌いたくなる曲 | Main | 桜見物 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 春になると歌いたくなる曲 | Main | 桜見物 »