« 南インドカレーとチケットと。 | Main | 自然農写真展とカフェめし »

2008.09.30

善光寺にお参り

200809zenkoji1

牛に引かれて善光寺。
本田善光さんという人の名前があまりにも近代っぽくきこえ、そのため善光寺を近代に建てられた寺だと、長らく勘違いしていたことはここで白状するとします。

最近、お経、お祈りという時間によって雑念から払われる効果があるのでは、と考えていた矢先。表参道で期間限定で行われていた「高野山カフェ」に友達と行ったときに、その一人から
「善光寺の宿坊にとまって、朝おつとめをしたのは楽しかった。何よりも精進料理がおいしい」
という話を聞いて早速行ってきたというわけだ。

宿坊での精進料理。不謹慎ながらコレが目的で行ってもおかしくない。
キノコの山椒風味の煮物、ウナギににせた湯葉と豆腐の焼き物や、なすの味噌田楽・・・どれをとってもおいしい。夜は別段することもないので、これくらいのカロリーで十分なんだろうとおもいつつ、最後のお茶漬け(高野豆腐のはいったお出汁をかけて食べる)はお代わりいたしました。

宿坊は高級な民宿という感じ。普通ならお酒をのむところですが、ちょうど禁酒していることもありお茶をのみながらゴロゴロとジュンパ・ラヒリの最新刊を読んで、10時には寝てしまった。

というのも翌朝のおつとめ、お朝事は6時から。
夜明けと同時に善光寺にはまわりのお寺からお坊さん、尼さんが順番にあつまっておつとめをするのです。

200809zenkoujisando
宿坊に泊まっている人はみんなお朝事に参加するようで、浄土宗の信徒さんや、普通の観光客といっしょに宿坊のオジサンの解説をききながら進みます。朝の空気がすがすがしい。
よく見たら善光寺の「善」は牛の顔になっておるではないか!
200809zenkoji3

朝だから人は少ないかと思ったら、犬の散歩やジョギングする人たちで割と人が多い。その人たちも、赤い傘をさした尼さんたちが近づいてくると、参道に一列に並んでお数珠で頭をなでてもらっていた。

本堂で一緒にお経に参加。そして本堂下のお戒壇めぐり(本当に真っ暗!)では、「極楽の錠前」にもさわって来ました。

所要1時間半ぐらいかな。信州初秋の気温に、すっかり体が冷え切ったお朝事でしたが、その後の朝ご飯が非常においしく、食べ終わってもまだ8時。早起きはすばらしい。

200809zenkoji2


|

« 南インドカレーとチケットと。 | Main | 自然農写真展とカフェめし »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 南インドカレーとチケットと。 | Main | 自然農写真展とカフェめし »